フォード7人乗りSUV『エベレスト』次期型、いよいよ電動化へ!ブランド最新「SYNC4」インフォテイメント採用 | Spyder7(スパイダーセブン)

フォード7人乗りSUV『エベレスト』次期型、いよいよ電動化へ!ブランド最新「SYNC4」インフォテイメント採用

自動車 新車スクープ
フォード エベレスト 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • フォード エベレスト 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • フォード エベレスト 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • フォード エベレスト 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • フォード エベレスト 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • フォード エベレスト 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • フォード エベレスト 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • フォード エベレスト 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • フォード エベレスト 次期型プロトタイプ スクープ写真
フォードのミッドサイズ・クロスオーバーSUV『エベレスト』次期型プロトタイプをカメラが初めて捉えた。

初代エベレストは2003年に登場、マツダ「Bシリーズ」フォード「レンジャー」をベースとしていた。第2世代は2015年に発売されており、インドでは「エンデバー」として販売されているほか、フランス軍向けに「Arquus TrapperVT5」と呼ばれるアーミーバージョンも設定されている。

ヨーロッパで捉えたプロトタイプは、フロントガラスに丸いイエローのステッカーが貼られており、これがハイブリッドモデルであることがわかる。また四角いフロントエンド、新設計されたLEDデイタイムランニングライトを備える大型化されたヘッドライト、後部ではL字型テールライトの一部などが確認できる。

足回りでは、6つのラグナットを備えるホイールを装備しており、新型では寛大なサスペンショントラベルを確保するための高い最低地上高とともに、頑丈なボディを持っていいることを意味している。

パワートレインは市場によりことなるが、4つのパワートレインが予想される。噂によると、ディーゼルエンジンでは2.0リットル直列4気筒ツインターボと、より強力な3.0リットルV型6気筒を用意、ガソリンエンジンでは2.3リットル直列4気筒PHEVユニットと、2.7リットルV型6気筒ツインターボがラインアップされるという。また一部のパワートレインでは、10速オートマチックトランスミッションが期待され、RWDと4WDをセレクト可能になると予想される。

キャビン内では、12インチまたは15.5インチのタッチスクリーンを備えたフォード最新の「SYNC4」インフォテイメントが採用されるだろう。エベレスト次期型のワールドプレミアは、2022年内となりそうだ。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top