『インテグラ』、アキュラブランドで16年ぶり復活へ!日本市場はどうなる!? | Spyder7(スパイダーセブン)

『インテグラ』、アキュラブランドで16年ぶり復活へ!日本市場はどうなる!?

自動車 新車スクープ
アキュラ インテグラ 新型ティザーイメージ
  • アキュラ インテグラ 新型ティザーイメージ
  • ホンダ 4代目インテグラ タイプR
ホンダの高級モデルブランド「アキュラ」は、『インテグラ』新型を米国市場で発売することを発表した。

初代インテグラは1985年に誕生、3ドアハッチバッククーペ、5ドアハッチバックセダン、4ドアノッチバックセダンがラインアップされた。1993年の3代目、2001年の4代目では高性能「タイプR」を設定、不動の人気を誇っていたが、2006年に惜しまれながら日本市場での販売が終了した。

公開されたティザーイメージでは、シャープに跳ね上がるLEDデイタイムランニングライト、それをなぞるスリムなヘッドライト、その下には「INTEGRA」のロゴが刻まれているほか、アグレッシブなグリルの一部も見てとれる。

アキュラの副社長兼、ブランドオフィサーであるジョン・イケダ氏は、「インテグラがオリジナルを彷彿させるようなドライブの楽しさと、精神のDNAを持ってアキュラのラインアップに戻って来たことを嬉しく思います。デザイン、パフォーマンス、そして全体的ドライビング体験など、あらゆる面でアキュラブランドのコミットメントを果たしています」と述べている。

インテグラ新型のワールドプレミアは2022年内、果たしてホンダから日本市場への投入はあるのか期待される。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top