メルセデスのフルサイズ電気SUV、『EQS SUV』市販型プロトタイプがついに市販型ヘッドライト装備! | Spyder7(スパイダーセブン)

メルセデスのフルサイズ電気SUV、『EQS SUV』市販型プロトタイプがついに市販型ヘッドライト装備!

自動車 新車スクープ
メルセデスベンツ EQS SUV プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV プロトタイプ(スクープ写真)
メルセデスベンツが、2021年内に発表を計画している新型電動クロスオーバーSUV、『EQS SUV』(仮称)最新プロトタイプをカメラが捉えた。EQS SUVはフラッグシップEVサルーン『EQS』のクロスオーバーSUV版であり、「EQ」ファミリーの頂点に立つフルサイズ電動モデルとなる。

EQS SUVは、EQSと同様にメルセデス初のEV専用プラットフォーム「EVA」(Electric Vehicle Architecture)を採用する。『EQC』など、同ブランドのこれまでのEVでは、もともと内燃モデル用に開発されたプラットフォームに基づくため、EVのパッケージングの利点を最大限発揮することができなかったが、EVAとすることでフルサイズモデルらしい最高クラスの居住空間を提供してくれる。


捉えた最新プロトタイプからは長いホイールベース、大きく傾斜したフロントガラスなどにより、滑らかで空力的なシルエットが見てとれる。フロントエンドには、EQならではのカバー付きグリルと、フロントバンパーの小さなエアインテークに密接するプロダクションLEDヘッドライトを装着。さらに後部にも最終コンポーネントと思われる、水平基調のLEDテールライトの一部が見られ、ストリップライトにつながるデザインとなりそうだ。

キャビン内では、EQSでデビューしたハイパースクリーンセットアップを採用。8個のCPU、24GBのRAM、最新のMBUXソフトウェア搭載することになるだろう。

市販型ではさまざまなバッテリーバリエーションが提供されると予想され、最大107.8kWhバッテリーではセダンの479マイル(766km)に迫る航続も期待できるという。

メルセデスベンツは、「市場の状況が許す限り」2020年の終わりまでにすべてのセグメントにフルエレクトリックモデルを設定する計画を立てており、2030年までにバッテリー式EVに473億ドル(約5兆円)以上を投入する。EQSとEQS SUVはその頂点に君臨することになる。

メルセデスベンツのフルサイズ電動SUV『EQS SUV』、年内発表へ…最新プロト車両を目撃

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top