SUVはないよな...アキュラ『インテグラ』新型、2ドアやハッチバックなど複数のボディスタイルで登場の可能性! | Spyder7(スパイダーセブン)

SUVはないよな...アキュラ『インテグラ』新型、2ドアやハッチバックなど複数のボディスタイルで登場の可能性!

自動車 新車スクープ
アキュラ インテグラ 新型 タイプR 予想CG
  • アキュラ インテグラ 新型 タイプR 予想CG
  • アキュラ インテグラ 新型 ティザーイメージ
  • ホンダ インテグラ 2006
ホンダが海外で展開する高級ブランド「アキュラ」は、『インテグラ』新型を米国市場に投入することを発表したが、果たしてそのボディスタイルがどうなるのか予想した。

初代インテグラは1985年に誕生、3ドアハッチバッククーペ、5ドアハッチバックセダン、4ドアノッチバックセダンがラインアップされた。1993年の3代目、2001年の4代目では高性能「タイプR」を設定、不動の人気を誇っていたが、2006年に惜しまれながら日本市場での販売が終了した。

公開されたティザーイメージでは、「TLX」よりシャープなLEDデイタイムランニングライトを備えるスリムなヘッドライト、その下には「INTEGRA」のロゴが刻印されているほか、アグレッシブなグリルなどが確認できる。

海外自動車ニュースサイト「Motor1.com」がアキュラと連絡をとった際、スポークスマンは2ドア、4ドア、そのほか複数のボディスタイルをラインアップすることを示唆したという。まさかSUVやクロスオーバーはないと思われるが、ハッチバックを含む3~4タイプがラインアップされると予想される。

「the_r_rated」氏が提供してくれた予想CGは2ドアクーペ「タイプR」だが、やはりインテグラにはクーペスタイルが一番似合っているようだ。アキュラブランドで復活するインテグラ新型のワールドプレミアは、2022年前半と思われ、ホンダ版インテグラの行方にも期待したい。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top