ロータスのEVラッシュが凄い!2022年にSUV、2026年までに4台のエレクトリックを発売へ | Spyder7(スパイダーセブン)

ロータスのEVラッシュが凄い!2022年にSUV、2026年までに4台のエレクトリックを発売へ

自動車 新車スクープ
ロータス 新型エレクトリックモデル ティザーイメージ
  • ロータス 新型エレクトリックモデル ティザーイメージ
  • ロータス 新型エレクトリックモデル ティザーイメージ
  • ロータス 新型エレクトリックモデル ティザーイメージ
  • ロータス 新型エレクトリックモデル ティザーイメージ
  • ロータス 新型エレクトリックモデル ティザーイメージ
ロータスはブランド80周年を記念するとともに、グローバルEVブランドへの転換を先取りする「Vision 80」戦略の一貫として、2026年までに4台のフルエレクトリックモデルを発売する計画を発表、そのティザーイメージを公開した。

第一弾となるのが2022年に登場予定のエレクトリック・ハイライディングモデルだ。4月に発表されたプラットフォーム「パフォーマンス・ビークル・アーキテクチャ」の1つ、「プレミアム・アーキテクチャ」を採用、0-100km/h加速は3秒以内で到達、92~120kWhのバッテリーを搭載し、最も先進的な800ボルト高速EV充電システムが採用される。

ブランド初の量産ハイライディングモデルに続いて、2023年にはエレクトリック4ドアクーペ、2024年にはさらに大型のクロスオーバーSUV、そして2026年、満を持して登場するのが高性能スポーツカーで、これによりブランドのEVのみのラインアップを完成させる。

ロータスはEV戦略を強化するために、中国武漢に新本社を設立。いわゆる「ロータステクノロジー」が2024年に完成し、新しい工場が今年後半に同じ場所にオープン予定となっているほか、新工場に自動運転で輸送するインテリジェントテストトラックが統合されることを発表している。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top