スズキ エスクードの血を引くシボレー『エクイノックス』、初の電動化か...特許画像が流出! | Spyder7(スパイダーセブン)

スズキ エスクードの血を引くシボレー『エクイノックス』、初の電動化か...特許画像が流出!

自動車 新車スクープ
シボレー エクイノックス パテント画像
  • シボレー エクイノックス パテント画像
  • シボレー エクイノックス 現行型
  • シボレー エクイノックス 現行型
  • シボレー エクイノックス 現行型
  • シボレー エクイノックス 現行型
GMがシボレーブランドで販売するミッドサイズ・クロスオーバーSUV、『エクイノックス』派生モデルと思われるパテント画像が流出、スウェーデンのエージェント経由で画像を入手した。

シボレー初のクロスオーバーSUVであるエクイノックスは、2005年に「ブレイザー」と「トラッカー」の後継モデルとして初代が誕生した。トラッカーはスズキ「エスクード」のリバッジであったため、その血を引いているモデルと言えるだろう。

入手したパテント画像は、GMパートナーのSAIC(上海汽車集団)が中国にて特許出願されたもののようだ。フロントマスクこそ異なるが、リアクォーターウィンドウの処理などはエクイノックスのスタイルキューを持っているこがわかる。現行型となる第3世代は2017年に発売されており、フルモデルチェンジまでにはまだ時間があるほか、GMがEVモデルを拡大、中国市場でSUVやエレクトリックモデルの人気が高いなどの点からも、新たに設定されるハイブリッド、またはフルエレクトリックモデルの可能性がありそうだ。

さらに、フォード・マスタング「マッハE」の成功も影響を与えているという。情報によると、GMはこのエレクトリックSUVというエキサイティングな市場の一部を切り開き、フォードに挑戦することを願っているという。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top