VWゴルフの牙城を崩せ...フォード フォーカス改良新型、高性能「ST」を初スクープ! | Spyder7(スパイダーセブン)

VWゴルフの牙城を崩せ...フォード フォーカス改良新型、高性能「ST」を初スクープ!

自動車 新車スクープ
フォード フォーカスST 改良新型プロトタイプ
  • フォード フォーカスST 改良新型プロトタイプ
  • フォード フォーカスST 改良新型プロトタイプ
  • フォード フォーカスST 改良新型プロトタイプ
  • フォード フォーカスST 改良新型プロトタイプ
  • フォード フォーカス 改良新型プロトタイプ
  • フォード フォーカス 改良新型プロトタイプ
  • フォード フォーカス 改良新型プロトタイプ
  • フォード フォーカス 改良新型プロトタイプ
フォードは現在、主力モデル『フォーカス』ファミリー改良新型を開発しているが、その高性能モデル「ST」をベースモデルと共にダブルスクープした。

現行型となる第4世代は、生誕20周年を記念して2018年に発売、これが初の大幅改良となる。過去には絶大な人気を誇っていたフォーカスも、2020年には欧州と英国で173,853台を販売、これはセグメントリーダーであるVWゴルフに圧倒的な差だ。フォードはこの不振から抜け出すべく、エクステリアの刷新、エンジンオプション、トランスミッションの選択肢などを備える可能性ありそうだ。

今回捉えた2台のプロトタイプのうち、ブルーがベースモデルで、「アルティメットグリーン」が高性能「ST」だ。これは「フォーカスRSMk2」で設定されていたので、記憶にある方も多いだろう。STではU字型のLEDデイタイムランニングライトを備えたヘッドライト、ハニカムメッシュのグリルと下部インテーク、大径ホイール、後部には形状の異なるルーフスポイラー、そしてデュアルエキゾーストパイプをインストールするなど、ベースモデルと差別化されている。またベースモデルSTともLEDテールライトのグラフィックも変更されている様子が伺える。

ベースモデルでは、STとまったく同じ領域にカモフラージュがほどこされているが、水平スラットを備える新しいフロントグリルデザインが露出しているほか、それほど大胆ではないルーフスポイラーも見てとれる。

ベースモデルのパワートレインは、最高出力155psを発揮する1.0リットル「EcoBoost」、3気筒とターボチャージャーを備えた1.5リットル「EcoBoost」、2.0リットル「EcoBlue」、2.3リットル「EcoBoost」などをラインアップ、6速スティックシフトと7速及び8速ATが組み合される。

一方STは未確認だが、先日UKで発売されたばかりのSTエディションでは、最高出力280ps、最大トルク420Nmを発揮する2.3リットル「EcoBoost」が設定されている。またより多くのパワーが必要な顧客には、最高出力360ps、最大トルク560Nmを発揮するフォードのスペシャルチューナー「Mountune」によって手がけられたカスタムフォーカスが用意されている。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top