これが本物だ!BMW4シリーズ最強モデル『M4 CLS』、後輪駆動で540馬力に | Spyder7(スパイダーセブン)

これが本物だ!BMW4シリーズ最強モデル『M4 CLS』、後輪駆動で540馬力に

自動車 新車スクープ
BMW M4 CSL 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4 CSL 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4 CSL 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4 CSL 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4 CSL 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4 CSL 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4 CSL 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4 CSL 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4 CSL 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
BMWは現在『4シリーズ』最強モデルとなる『M4 CSL』を開発しているとみられるが、その最新プロトタイプをカメラが捉えた。

第二世代となる現行型4シリーズ(G22型)は2020年にデビュー、その後ハードコアモデル『M4クーペ』が投入された。2021年にはさらなる強化モデル『M4コンペティション』が導入されたが、それら凌駕する最強スペックを持つのがこの「M4 CSL」だ。

捉えたプロトタイプは、存在感のある新しいグリルを装備しているほか、ヘッドライトをカモフラージュ。以前目撃した開発車両とは僅かに異なっており、それらが専用デザインに変更される可能性がありそうだ。そのほか、さらにアグレッシブなフロントスプリッター、ウィングレットが取り付けられた大口エアインテークなど、サーキット指向のエアロパーツが見てとれる。


またこれまで捉えたプロトタイプの後部には、より大きなトランクリッドスポイラー、ディフューザー、チタン製とみられるデュアルエキゾーストシステムがインストールされている。

スペックに関しての最新情報も入ってきた。パワートレインは3.0リットル直列6気筒エンジンを搭載し、M4コンペティションでは最高出力503ps、最大トルク650Nmを発揮するが、M4 CSLでは540psまで向上するという。また動力性能は、0-100km/h加速3.4秒のM4コンペティションに対し、CSLでは3.3秒以下となる。後輪駆動のみで、マニュアルは設定されず、オートマチックギアボックスのみが組み合わされると予想される。

なお市販型の車名は「M4 CSL」が有力ながら、「M4 CS」も候補の一つとなっているという。

後輪駆動の最強BMW!?『M4 CSL』は540馬力に到達か

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top