日本も注目...新生オペル アストラ、ロングルーフの「スポーツツアラー」を初スクープ! | Spyder7(スパイダーセブン)

日本も注目...新生オペル アストラ、ロングルーフの「スポーツツアラー」を初スクープ!

自動車 新車スクープ
オペル アストラ スポーツツアラー 次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • オペル アストラ スポーツツアラー 次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • オペル アストラ スポーツツアラー 次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • オペル アストラ スポーツツアラー 次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • オペル アストラ スポーツツアラー 次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • オペル アストラ スポーツツアラー 次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • オペル アストラ スポーツツアラー 次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • オペル アストラ スポーツツアラー 次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • オペル アストラ スポーツツアラー 次期型 プロトタイプ スクープ写真
日本市場への再導入がはじまったオペルは、主力モデル「アストラ」次期型を開発中だが、その派生ワゴンとなる「アストラ スポーツツアラー」を、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

兄弟モデルとなる新世代のプジョー「308 SW」がすでに提供していることから、オペルがアストラ派生ワゴンを設定するのは当然といえるだろう。エステートセグメントは、クロスオーバーSUVの流行により縮小しているが、いくつかのメーカーは実用性の高いロングルーフバリアントに投資を続けている。

アストラ スポーツツアラーは、プジョー308 SWのほか、VW「ゴルフヴァリアント」、トヨタ「カローラツーリング」、フォード「フォーカス ワゴン」などと市場で争うモデルだ。

捉えたプロトタイプは、ボディ後部を厳重にカモフラージュ。前半分をハッチバックと共有、テールが新設計されることを意味している。後部には大幅に長いリアオーバーハング、低いローディングエリア、ルーフスポイラーを装備、ハッチバックに似たLEDテールライトの一部も見てとれる。兄弟車であるプジョー「308 SW」から判断すると、このスポーツツアラーもホイールベースが延長されている可能性が高い。

キャビン内では、10インチのデジタルインストルメントクラスタ、及び10インチのインフォテインメントスクリーンで構成されるピュアパネルコックピットを装備する。

パワートレインはプジョー308から流用、最高出力110ps、及び130psを発揮する1.2リットル直列3気筒ガソリンエンジン、1.5リットル直列4気筒ディーゼルエンジンが予想される。ハッチバックには、EV走行60km、最高出力180ps、及び225psを発揮する1.6リットル直列4気筒ガソリンエンジン+電気モーターのプラグインハイブリッドも期待されているが、果たしてスポーツツアラーにも流用されるのか注目だ。

順調に行けば、アストラ スポーツツアラー新型のデビューは2022年初頭になるが、近い将来日本市場に導入もあるかも知れない。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top