アナログにこだわった車内を激写...アルファロメオ最小SUV『トナーレ』、車台は自社製!? | Spyder7(スパイダーセブン)

アナログにこだわった車内を激写...アルファロメオ最小SUV『トナーレ』、車台は自社製!?

自動車 新車スクープ
アルファロメオ トナーレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルファロメオ トナーレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルファロメオ トナーレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルファロメオ トナーレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルファロメオ トナーレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルファロメオ トナーレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルファロメオ トナーレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルファロメオ トナーレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルファロメオ トナーレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
アルファロメオが現在開発を進める新型のコンパクト・クロスオーバーSUV、『トナーレ』最新プロトタイプをカメラが捉えた。

トナーレは、2021年9月に公開予定だったが、同社新CEOのジャン・フィリップ・インパラト氏が、搭載予定だったプラグインハイブリッドシステムのパフォーマンスに不満を持ったため開発に遅れが生じたと言われ、路上テストも一時中断されていたがどうやら再開されたようだ。

捉えたプロトタイプはこれまででもっともカモフラージュが軽く、ヘッドライトに市販型コンポーネントを装着し、後輪ホイールが露出。ディスクブレーキのセットアップも見てとれる。ただしホイールは、プレースホルダー(仮コンポーネント)の可能性もある。


初めて撮影に成功したコックピットには、流行りのデジタルではない、アナログにこだわったインストルメントクラスタや、大型のインフォテインメントディスプレイが確認できる。アナログ仕様に関しては、同社がスクリーンの存在を最小限に抑えるというインパラト氏の提言に忠実であることが伺える。

またプラットフォームには、ジープ『レネゲード』から流用する1.3リットル直列4気筒エンジンとプラグインハイブリッドバージョンの採用が可能となる。しかし最新情報では、プラットフォームを切り替え、PSAが開発した台車を採用する可能性もあるという。どちらにしてもPHEVのスペックは、最高出力237ps、EV走行は最大50km(31マイル)程度となるだろう。

トナーレの市販デビューは予定から3か月程度遅れているとみられ、2022年初頭と予想。イタリアのポミリアーノ・ダルコにあるステランティス工場で生産される予定だ。

アナログにこだわった車内を激写…アルファロメオ最小SUV『トナーレ』、車台は自社製に!?

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top