いよいよ市販化へ...スペインの過激電動SUV『タバスカン』って知ってる? | Spyder7(スパイダーセブン)

いよいよ市販化へ...スペインの過激電動SUV『タバスカン』って知ってる?

自動車 新車スクープ
クプラ タバスカン 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • クプラ タバスカン 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • クプラ タバスカン 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • クプラ タバスカン 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • クプラ タバスカン 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • クプラ タバスカン 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • クプラ タバスカン 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • クプラ タバスカン 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • クプラ タバスカン 市販型プロトタイプ スクープ写真
スペインのクプラが開発を進めるクロスオーバー・スポーツSUV、『タバスカン』市販型プロトタイプをカメラが初めて捉えた。

クプラは、VWグループであるセアトが設立したパフォーマンスブランドだ。一方「タバスカン」は2019年に「タバスカン コンセプト」としてデビュー、また2021年には「タバスカンエクストリームEコンセプト」に進化し、SUVとは思えぬ威圧感のあるフロントマスクを特徴としている。

過激なデザインのため、市販型にどれだけ反映されるか注目だが、2021年初頭にはクプラCEOのWayne Griffiths氏が、メディアのインタビューにて、「生産型はショーカーに非常に近い」と語っており期待されている。

捉えたプロトタイプは初期段階のためディテールは不明だ。しかし、ほとんどのボディパネルをVW「ID.4」と共有、最終的には「ID.5」のようなクーペスタイルのルーフラインを備える可能性もある。

また基盤には「ID.4」、シュコダ「エンヤックiV」、及びアウディ「Q4」と共有するVWグループの「MEB」プラットフォームを採用することがわかっている。EVスペックは、おそらくデュアルモーターセットアップを採用、77kWhのリチウムイオンバッテリーパックを積み、「ID.4 GTX」同様にシステム合計300psを発揮するとみられる。

クプラ タバスカンのデビューは2024年以降とまだまだ先の予定だ。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top