日本導入は2022年か...ホンダ シビック タイプR次期型、プロトタイプを公式リーク! | Spyder7(スパイダーセブン)

日本導入は2022年か...ホンダ シビック タイプR次期型、プロトタイプを公式リーク!

自動車 新車スクープ
ホンダ シビック タイプR 新型プロトタイプ 
  • ホンダ シビック タイプR 新型プロトタイプ 
  • ホンダ シビック タイプR 新型プロトタイプ 
  • ホンダ シビック タイプR 新型プロトタイプ スクープ写真
  • ホンダ シビック タイプR 新型プロトタイプ スクープ写真
  • ホンダ シビック タイプR 新型プロトタイプ スクープ写真
米国ホンダは、主力モデル『シビック』に設定されるハイパフォーマンスモデル『シビック タイプR』次期型の最新プロトタイプを公式リークした。

これまでSpyder7がスクープしてきたプロトタイプ同様、新設計されたエアロコンポーネントや大型リアウィングを装着。センター出しトリプルエキゾーストパイプがインストールされているほか、フロントフェンダーとリアフェンダーはハッチバックよりワイド化されている様子がうかがえる。足回りにはブレンボ製レッドブレーキキャリパーを装備しフロントエンドにはシャープなLEDデイタイムランニングライトが初めて露出、バンパーには大型のコーナーエアインテークの形状もうっすらと見てとれる。さらにフロントフェンダー後部の通気孔を備えたサイドシルエクステンションにも注目だ。

現在タイプRは電動化に取り組んでいるとみられ、これが最後の純粋なICE駆動モデルになると噂されている。予想されるパワートレインは2.0リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載、最高出力は310ps、最大トルク400Nm以上を発揮し、6速マニュアルギアボックスとリミテッドスリップデフを備えた前輪駆動レイアウトを維持することになるだろう。

タイプR次期型のワールドプレミアは、2021年内と予想され、2022年内にも日本導入が期待される。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top