BMW史上最も強力なSUV...『X8』は最大700馬力オーバーのPHEVに! | Spyder7(スパイダーセブン)

BMW史上最も強力なSUV...『X8』は最大700馬力オーバーのPHEVに!

自動車 新車スクープ
BMW X8 予想CG
  • BMW X8 予想CG
  • BMW X8 予想CG
  • BMW X8 予想CG
  • BMW X8 市販型 プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X8 市販型 プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X8 市販型 プロトタイプ スクープ写真BMW X8 市販型 プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X8 市販型 プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X8 市販型 プロトタイプ スクープ写真
BMWは現在、クロスオーバーSUVシリーズの頂点に君臨する『X8』(またはXM)を開発しているが、そのエクステリアを大予想した。

同社のクロスオーバーSUVは「X1」、「X3」、「X5」、「X7」、クーペSUVに「X2」、「X4」、「X6」をラインアップしており、偶数からすると「X8」はクーペSUVということになる。しかし、プロトタイプを見る限りそれほど極端なクーペルーフは採用されていない様子が伺える。

もともとX8の噂は約4年前から話題となっているが、同社CEOのオリバー・ツィプセ氏がその存在を認めたのはほんの1ヶ月前のことだ。

デザイナーのNIKITA氏から提供された予想CGでは、上下二段に分割されるスプリットヘッドライトが装備されている。これは「7シリーズ」や「X7」改良新型でも噂されており、上部にインジケーターとLEDデイタイムランニングライト、下部にメインヘッドライトが備わっていると予想される。

キドニーグリルはM3/M4のように巨大化はされないものの大型であり、その存在感は圧倒的だ。後部では、ゆるやかに傾斜するルーフエンド、スタイリッシュなスポイラー、近年のBMWデザインを反映する波打つLEDテールライト、そしてレクサスのような、縦2段に配置されるクワッドエキゾーストパイプがインストールされている。これらはプロトタイプからも確認されており、市販型に近いデザインと言えそうだ。

「プロジェクターロックスター」のコードネームを持つX8/XM市販型のパワートレインは、V型8気筒と電気モーターを組み合わせることで、BMW史上最も強力なSUVになると言われている。よりホットなコンペティションバージョンでは、最高出力700psオーバーになると予想されている。

X8は最もラグジュアリーであると共に、最もスポーティなXモデルとして設定されるため、重量を減らすためにX7の3列目のシートを廃止する可能性もありそうだ。

これ以上のことはほとんど知られてないが、オリバー・ツィプセ氏は、「アメリカ市場だけでなく、世界市場にとってもハイエンドの真新しいモデル」になるだろうと語っている。市販型ワールドプレミアは2021年末に予定されており、スパルタンバーグ工場で生産、価格は100,000ドル(1千100万円)超えが確実視されている。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top