デジタルゲージグラスターや大画面を装備...シュコダ最新モデル「スカーラ」が初の大幅改良へ! | Spyder7(スパイダーセブン)

デジタルゲージグラスターや大画面を装備...シュコダ最新モデル「スカーラ」が初の大幅改良へ!

自動車 新車スクープ
シュコダ スカーラ 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • シュコダ スカーラ 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • シュコダ スカーラ 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • シュコダ スカーラ 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • シュコダ スカーラ 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • シュコダ スカーラ 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • シュコダ スカーラ 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • シュコダ スカーラ 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • シュコダ スカーラ 改良新型プロトタイプ スクープ写真
シュコダの欧州Cセグメントハッチバック、『スカーラ』改良新型プロトタイプをカメラが初めて捉えた。

初代となる現行型スカーラは、2018年に「Rapidm」後継モデルとして登場したばかりのニューモデルだ。VWグループの「MQB」プラットフォームに乗り、「ゴルフ」やアウディ「A3」と兄弟モデルとなっている。

アルプスで捉えたプロトタイプはボディ前後をカモフラージュ、ヘッドライト新設計されているほか、グリルとバンパーも微調整されているはずだ。後部ではハッチウィンドウが隠されており、大きな変更がなされる可能性もあるだろう。テールライトは同じ形状に見えるが、内部のグラフィックスがリフレッシュされると予想される。またホイールには、搭載システムの正確なキャリブレーションを可能にするセンサーが取り付けられている。

キャビン内にも注目で、より大きなインフォテインメントユニットやデジタルゲージクラスターなどが予想され、大幅な進化がみられそうだ。

ベースモデルのパワートレインには、ガソリンエンジンとマニュアルギアボックスが搭載されるが、上位モデルには7速ツインクラッチDSGユニットが採用される。

シュコダ スカーラ改良新型のワールドプレミアは、2022年前半が有力だ。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top