商用車がこんな過激でいいの!? メルセデスベンツ『シタン』新型、高性能AMGバージョン設定の噂 | Spyder7(スパイダーセブン)

商用車がこんな過激でいいの!? メルセデスベンツ『シタン』新型、高性能AMGバージョン設定の噂

自動車 新車スクープ
メルセデス AMG CITAN 45 予想CG
  • メルセデス AMG CITAN 45 予想CG
  • メルセデスベンツ CITAN 新型
  • メルセデスベンツ CITAN 新型
  • メルセデスベンツ CITAN 新型
  • メルセデスベンツ CITAN 新型
  • メルセデスベンツ CITAN 新型
メルセデスベンツは、2021年8月、小型ミニバン/商用車の『シタン』新型を発表、翌9月から欧州で受注開始しているが、高性能AMGバージョンが設定されると噂されている。

初代シタンは、ルノーと提携して「カングー」をベースに開発、2012年に誕生したLCV(経商用車)だ。新型では、ルノー日産三菱アライアンスと開発されるが、フロントマスクをはじめほぼすべてのコンポーネントに専用デザインが採用されている。

市販型では、乗用車バージョンと商用車バージョンが設定されているが、驚くのは商用車のパネルバンにAMGが予想されていることだ。おなじみの「X-Tomi デザイン」がその姿を予想する。

ベースモデルには3本のダブルルーバーをグリル内に装備するが、AMGでは同じパナメリカーナグリルを採用、コーナーエアインテークにはエアガイドを備え、かなりアグレッシブなデザインだ。

側面からは、赤いブレーキキャリパーを備える巨大ホイール、サイドスカート、リアエンドにはスポーティなフールスポイラーを装備、ミニバンとしても商用車としても、実に格好良い仕上がりとなっている。

キャビン内では最新の「MBUX」を搭載、7インチタッチスクリーン、タッチコントロールスイッチを備えるステアリングホイール、「ハイ、メルセデス」の声に反応する音声制御システムなどをベースモデルと共有するが、カーボンファイバートリムなどスポーティな室内アップグレードは必須となるだろう。

シタンのパワートレインは、最高出力102hpを発揮する1.3リットル直列4気筒「シタン110」、最高出力131hpを発揮する「シタン113」、最高出力95hpを発揮する1.5リットル直列4気筒ディーゼル「シタン110CDI」が設定されるが、AMGチューンされる「シタン45」では、最高出力200hpオーバーにブーストアップされる見込みだという。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top