名付けて「ヴァンテオン」...アストンマーティン次世代エレクトリックモデルを大予想! | Spyder7(スパイダーセブン)

名付けて「ヴァンテオン」...アストンマーティン次世代エレクトリックモデルを大予想!

自動車 新車スクープ
アストンマーティン Vanteon 予想CG
  • アストンマーティン Vanteon 予想CG
  • アストンマーティン Vanteon 予想CG
  • アストンマーティン Vanteon 予想CG
  • アストンマーティン Vanteon 予想CG
  • アストンマーティン Vanteon 予想CG
  • アストンマーティン Vanteon 予想CG
  • アストンマーティン Vanteon 予想CG
  • アストンマーティン Vanteon 予想CG
アストンマーティンは、2019年の上海モーターショーにて初の市販EV『ラピードE』を発表したが、2026年にも登場が噂される次世代EVスポーツを大予想した。

「Vanteon」(ヴァンテオン)と名付けられた新型EVの予想CGはデザイナーのDejan Hristov氏から提供された。ヴァンテオンは「DB11」の後継モデルとされ、電気モーターを使用しているにもかかわらず、フロントエンジン、2ドアグランドツアラーの伝統期ボディスタイルを維持している。また長いフード、短いリアデッキ、低いルーフライン、フロントエンドにはアストンマーティンのクラシックなグリルやアグレッシブなLEDデイタイムランニングライトを装備するほか、ボンネットにはパワーバルジを備えている。

側面ではインパクトのある大径ホイール、Aピラー上部にリアビューカメラ、空力的にデザインさえれたドアとサイドスカートが確認できる。リアエンドにはこれまでにない目を引くLEDテールライト、トランクリッドスポイラー、巨大ディフューザーを装備、非常に大胆で、「One-77」と同じくらい威嚇的だ。市販型ではクーペとヴォランテ(オープン)両方のスタイルで提供されると予想している。

初の市販EV「ラピードE」では、デュアルモーターを後部に搭載、システム最高出力は612ps、0-100km/h加速4.2秒、最高速度250km/h(リミッター作動)の動力パフォーマンスを持っていたが、ヴァンテオンでは1,000ps級のパワーを持ち、0-100km/h加速は2秒台も期待される。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top