ヘッドライトは初の「M」専用...BMW M4の頂点『CSL』、新テールライト&大型スポイラー装着! | Spyder7(スパイダーセブン)

ヘッドライトは初の「M」専用...BMW M4の頂点『CSL』、新テールライト&大型スポイラー装着!

自動車 新車スクープ
BMW M4 CSL 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW M4 CSL 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW M4 CSL 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW M4 CSL 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW M4 CSL 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW M4 CSL 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW M4 CSL 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW M4 CSL 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW M4 CSL 市販型プロトタイプ スクープ写真
BMWは現在2ドアスポーツ、『4シリーズ クーペ』に設定されるとみられる「4シリーズ CSL」(仮称)開発しているが、市販型ボディをまとった最新プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラがはじめて捉えた。

キャッチした開発車両の後部では、新設計のLEDテールライトや、トランクリッドより分厚い専用スポイラーが初めて装着されており、これまでのプロトタイプがダミーをまとっていたことがわかった。ただし、M4の「M4パフォーマンスオプション」により提供される大型リアウィングや、スタックタイプのエキゾーストパイプは装着されておらず、今後追加される可能性もあるだろう。

またフロントエンドでは、アグレッシブにみえるようバンパーを新設計。通常のM4のエアインテークが2つのセクションに分割されている。またCSLは、初のM専用設計のヘッドライトを装備するといわれているが、クラスター自体は通常のM4と同じようにみえるため、グラフィックス変更が主となりそうだ。

パワートレインは3.0リットル直列6気筒エンジンを搭載し、M4コンペティションでは最高出力503ps、最大トルク650Nmを発揮するが、M4 CSLでは540psまで向上するという。また動力性能は、0-100km/h加速3.4秒のM4コンペティションに対し、CSLでは3.3秒以下となる。後輪駆動のみで、マニュアルは設定されず、オートマチックギアボックスのみが組み合わされると予想される。

M4 CSLのワールドプレミアは、2022年前半と思われ、限定1,000台とも噂されている。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top