メルセデス GLC次期型、高性能AMG「43」を初スクープ!馬力向上した2.0直4搭載へ | Spyder7(スパイダーセブン)

メルセデス GLC次期型、高性能AMG「43」を初スクープ!馬力向上した2.0直4搭載へ

自動車 新車スクープ
メルセデス AMG GLC 43 新型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GLC 43 新型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GLC 43 新型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GLC 43 新型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GLC 43 新型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GLC 43 新型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GLC 43 新型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GLC 43 新型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GLC 43 新型プロトタイプ スクープ写真
メルセデスベンツは現在、コンパクト・クロスオーバーSUV『GLC』次期型を開発しているが、そのパフォーマンスモデルとなるAMG『GLC 43』プロトタイプを初スクープ、次期型でも設定されることが確実となった。

捉えたプロトタイプは、粘着性のあるタイヤを装着した特注のAMGホイールに乗り、強化されたブレーキを装備している。フロントエンドでは、パナメリカーナグリルを模したダミーグリルを装着しているほか、バンパーコーナーには垂直インレットのようなものを確認、側面ではサイドウィンドウのコーナーからドアへ移動されたドアミラーや、厚めのサイドシルも見てとれる。

後部では、GLCとは異なる円形のクワッドエキゾーストパイプをインストール、先日のGLC開発車両同様に、前後タイヤの向きが異なっていることから、4WS(四輪操舵システム、または後輪ステアリング)を採用していることがわかる。

キャビン内では、センターコンソールの低い位置に巨大なタブレットを配置した新世代MBUXを搭載、パノラマディスプレイが期待できるほか、AMG専用のカーボンファイバートリムなスポーツシートが採用されるだろう。

現行AMG GLC 43のパワートレインは、最高出力390psを発揮する3.0リットルV型6気筒エンジンを搭載するが、次期型では2.0リットル直列4気筒エンジンへ交換、ハイブリッドを備えるかは不明だが、最高出力は400psを超えてくると予想される。

AMG GLC 43新型のワールドプレミアは、2023年以降となるだろう。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top