90年ぶりの復活...究極のアウディ『A8Lホルヒ』、ワールドプレミア前に先行公開! | Spyder7(スパイダーセブン)

90年ぶりの復活...究極のアウディ『A8Lホルヒ』、ワールドプレミア前に先行公開!

自動車 ニューモデル
アウディ A8L ホルヒ 
  • アウディ A8L ホルヒ 
  • アウディ A8L ホルヒ 
  • アウディ A8L ホルヒ 
  • アウディ A8L ホルヒ 
  • アウディ A8L ホルヒ 
  • アウディ A8L ホルヒ 
  • アウディ A8L ホルヒ 
  • アウディ A8L ホルヒ 
アウディが開発を勧めていた『A8Lホルヒ』がワールドプレミア前に先行公開された。

ホルヒは、アウグスト・ホルヒ氏により1899年に設立、1904年に最終的所在地のツヴィッカウに移転した戦前の超高級ブランドで、アウディの起源ともされている。最終的にこの車名が使用されたのは1932年で、復活すれば90年振りとなる。

Spyder7スクープ班では、すでに何度かプロトタイプをキャッチしていたが、ついに市販型がプレビューされた。市場では、究極のアウディとしてメルセデス・マイバッハSクラスと対峙することになるが、現段階では中国市場専売モデルの可能性が高い。

市販型では、「A8」より130mm(5.1インチ)長いホイールベースを持ち、全長5.45m(17.99フィート)に拡張、後部スペースが大幅に向上している。

フロントエンドにはクロムを多用したグリル、複雑なLEDデイタイムランニングライトを備えたデジタルマトリックスヘッドライトを装備している。側面ではベントレーやマイバッハを彷彿させる20インチの専用ホイールを装着、センターキャップやリアウィンドウの後部にはホルヒの「H」の刻印が入っている。またフロントフェンダーの後ろ、OLEDテールライトの下にも「HORCH」のバッジが確認できる。

車内には、ダイヤモンドキルティングレザーをシートとドアカードに備え、B&O 3Dステレオサウンドシステム、車載フレグランス、マイナスイオン空気浄化システムを装備、フロントとリヤシートには多くの技術とともに8つのマッサージモードを提供してくれる。また後部シートには、様々な車両機能を制御するためのインフォテインメントディスプレイを搭載する。

パワートレインは、V型8気筒に代わり、3.0リットルV型6気筒ターボチャージャーエンジンを搭載、48Vマイルドハイブリッドが組み合され、最高出力340ps、最大トルク500Nmを発揮する。これは純粋なパワーよりも快適さを強調するため十分といえるだろう。トランスミッションは8速オートマチックで、アウディ自慢のクワトロ全輪駆動システムとペアになっている。
市販型は11月19日、「Horch FounderEdetion」としてA8L Horchがワールドプレミアされる。ホルヒはベースとなるA8と大幅な差異はみられないが、そのバッジがステータスを示している。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top