1930年代BMW「327」へのオマージュ...現代版をイマジネーション! | Spyder7(スパイダーセブン)

1930年代BMW「327」へのオマージュ...現代版をイマジネーション!

自動車 新車スクープ
BMW 327-2 予想CG
  • BMW 327-2 予想CG
  • BMW 327-2 予想CG
  • BMW 327-2 予想CG
  • BMW 327-2 予想CG
  • BMW 327-2 予想CG
  • BMW 327-2 予想CG
  • BMW 327-2 予想CG
  • BMW 327-2 予想CG
BMWがかつて生産していたのクラシックカー、『327』のオマージュとして現代版「327-2」をイマジネーションした予想CGを入手した。

協力してくれたのは、自動車デザイナーのGeoffrey Decembry(ジェフリー・デセンブリー)氏とPierre Senelet(ピエール・セネレット)氏だ。「327-2」
は、1937年に発表されたクラシックカーBMW「327」のデザインにインスパイアされており、エクステリアをデセンブリー氏が、インテリアをセネレット氏が担当、ツーリングクーペのモダンバージョンを制作した。

同氏らによると、このプロジェクトの目的は「1930年から1950年のBMWを再訪すること」であり、BMW最新のデザインを提案することではないという。

予想CGは、クーペとカブリオレのボディスタイルで描かれた4人乗りのグランドツアラーであり、ポルシェ「911」とベントレー「コンチネンタルGT」の間に位置する豪華なスポーティモデルだ。全長は4,475mm、全幅1,900mm、全高1,330mmを想定しており、切り詰められたフロントオーバーハングながら、「2シリーズクーペ」より43mm(1.7インチ)長くなっている。

フロントエンドにはM3/M4の縦長グリルをさらにスリム化、かなりインパクトが強いデザインだ。またグリルへ向かい食い込む巨大コーナーエアインテーク、薄くワイドなLEDデイタイムランニングライトなどが確認できる。グリルを遮らないよう、ナンバープレートがアルファロメオのようにコーナーエアインテーク上部へ移動されているのも特徴的だ。また、レトロタッチなAピラー、伝統のホフマイスターキンクを備えていることも確認できる。

後部では、クーペとカブリオレが全く異なったデザインであることに注目だ。クーペはリヤハッチの側面にスリムなLEDテールライトを装備、カブリオレには、「Z4」新型に似たL字型のテールライトが見てとれる。

キャビン内は、「ブランドの過去と未来の間の移行として、レガシーと大胆さの架け橋を築きたい」と考えられたといいい、未来的ステアリングホイールの後ろにはフルデジタルコックピットを装備、大画面や派手なグラフィックなしでドライバーに焦点を合わせている。そのほか、つや消しアルミニウムとカーボンファイバーを多用、ムード証明は運転スタイルに対応して変化を見せる。軽量シートは20世紀の家具をモチーフデザインされているが、スポーティなディテールを取り入れ、可動式ヘッドレストが備わっている。

もちろん327-2オマージュは、デジタルのデザイン世界にすぎないが、自動車デザイナーが過去に触発された未来の車に、レトロな要素をどのように取り入れるかを示した作品となっている。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top