BMW屈指の高性能コンパクトスポーツカー、『M2コンペティション』新型、430馬力の走りをニュルで初披露! | Spyder7(スパイダーセブン)

BMW屈指の高性能コンパクトスポーツカー、『M2コンペティション』新型、430馬力の走りをニュルで初披露!

自動車 新車スクープ
BMW M2コンペティション 新型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW M2コンペティション 新型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW M2コンペティション 新型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW M2コンペティション 新型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW M2コンペティション 新型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW M2コンペティション 新型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW M2コンペティション 新型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW M2コンペティション 新型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW M2コンペティション 新型プロトタイプ スクープ写真
BMWは現在、「2シリーズ クーペ」新型の頂点に君臨することになるハードコアモデル『M2コンペティション』を開発中だが、その市販型プロトタイプをカメラが捉えた。

ニュルに初めて出現したM2コンペティションのプロトタイプは、厳重なカモフラージュながら、ボディがわずかにローダウンされ、M2より大径のクワッドエキゾーストパイプを装備、足回りには20インチとみられる大径ホイールが装着されている。またフロントバンパーの偽装ネット越しには巨大エアインテークの一部も確認できるほか、キャビン内ではカーボンバケットシートそ備えている様子も伺える。

M2のフロントエンドには、長方形のエアインテークと水平スラット付きのボクサーフロントグリルが採用されるとみられ、2シリーズクーペと差別化されるだろう。

カメラマンによると、ニュルでは最高の前後重量配分により、ズバ抜けたハンドリングがみられ、アンダーステアが強く見られたという。

パワートレインは、兄貴分の『M4クーペ』が搭載する3.0リットル直列6気筒エンジンをデチューンして流用、最高出力は430ps程度と予想される。トランスミッションは、これまで最新世代の2シリーズクーペはすべてオートマチックのみの組み合わせとなっており、「M240i」でも例外ではない。しかし、M2コンペティションでは3ペダルのMTが期待できるという。

M2新型のワールドプレミアは2022年夏前と思われ、M2コンペティションは2022年内のデビューが予想される。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top