アウディ『上海』がついに市販化へ...スプリットヘッドライトついに装着! | Spyder7(スパイダーセブン)

アウディ『上海』がついに市販化へ...スプリットヘッドライトついに装着!

自動車 新車スクープ
アウディ Q5 e-tron 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ Q5 e-tron 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ Q5 e-tron 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ Q5 e-tron 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ Q5 e-tron 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ Q5 e-tron 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ Q5 e-tron 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ Q5 e-tron 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ Q5 e-tron 市販型プロトタイプ スクープ写真
アウディが開発中と見られる新型電動クロスオーバーSUV、『Q5 e-tron』(仮称)市販型の最新プロトタイプをカメラが捉えた。同モデルは、上海モーターショー2021で公開された『コンセプト Shanghai』の市販型としてデビューを飾る。

ドイツ市街地でキャッチしたプロトタイプは、これまでで最もカモフラージュが削ぎ落とされ、フロントエンドには上部にダイナミックターンシグナルを兼ねるLEDデイタイムランニングライト、下部にはロービームとハイビームを垂直に積み重ねたメインドライビングライトを配置する、市販型のスプリットヘッドライトが初めて装着された。おそらくハイビーム用マトリックスLEDはオプション設定となるはずだ。また従来のグリルに代わり、密閉されたパネル、縦スラットを備える水平インテークが確認できる。

ルーフラインは「ID.6」のように比較的フラットで、より広い後部シートを好む中国の顧客をターゲットにしていることがわかる。サイドでは、流行のフラッシュドアハンドルを採用しておらず、「e-tron GT」同様にクラシックタイプにこだわっている。

リヤエンドでは、ハンチテールゲート、広いV字型ナンバープレート領域、それらを接続するスリムなライトバンドを備えるテールライトを装備、スキッドプレートにはエンボス加工された「e-tron」ロゴが刻印される。市販型では、「ID.4」と同じ「MEB」プラットフォームに基づいているが、全長は4,876mmとID.4より拡大、「ID.6」と同じサイズとなるほか、6シートと7シートレイアウトが提供されることが濃厚だ。

キャビン内の画像では、10.25インチのデジタルインストルメントクラスターと、11.6インチのインフォテインメントスクリーンを搭載する「Q4 e-tron」と非常に似ていることがわかる。

市販型では3つのバージョンが提供されると思われる。エントリーレベルの「35e-torn」はシングルモーターで駆動、最高出力180psを発揮する。上位モデル「40e-tron」は最高出力204ps、トップモデル「50e-tron」ではデュアルモーターを搭載、全輪駆動により最高出力は299psを発揮する。

Q5 e-tronは11月19日に開催予定の広州モーターショーでデビュー予定で、北米とヨーロッパの顧客は代わりに「Q6 e-tron」が用意されている。こちらは、ポルシェ「マカン」次世代フルエレクトリックモデルでも採用予定の「PPE」プラットフォームを共有する。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top