ヒュンダイ初のEVハードコアSUV、『アイオニック5 N』市販型がニュルで最終仕上げ! | Spyder7(スパイダーセブン)

ヒュンダイ初のEVハードコアSUV、『アイオニック5 N』市販型がニュルで最終仕上げ!

自動車 新車スクープ
ヒュンダイ アイオニック5 N 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ヒュンダイ アイオニック5 N 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ヒュンダイ アイオニック5 N 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ヒュンダイ アイオニック5 N 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ヒュンダイ アイオニック5 N 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ヒュンダイ アイオニック5 N 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ヒュンダイ アイオニック5 N 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ヒュンダイ アイオニック5 N 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ヒュンダイ アイオニック5 N 市販型プロトタイプ スクープ写真
ヒュンダイの超高性能EVクロスオーバーSUV、『IONIQ5 N』(アイオニック5 N)市販型プロトタイプがニュルブルクリンクで高速テストを開始した。

アイオニック5 Nは、2021年2月にデビューしたEVクロスオーバーSUV「アイオニック 5」のハードコアバージョンだ。高性能ブランド「N」は、これまで「i30」、「i20」、「コナN」に設定。「コナN」はパフォーマンス部門初のSUVとなっており、「アイオニック 5」は電動モデル初の「N」となる。

ニュルで捉えたプロトタイプは、9月にキャッチした車両とナンバーが同一のため同じプロトタイプであることがわかる。ボディはローダウンされ、ハンドリングを改善するために改良された、剛性の強いサスペンションに乗っている可能性がありそうだ。

足回りには、幅広で肉付きのよいロープロファイルタイヤを装着、大型ブレーキや、フェンダーフレアが追加されている。また右のリヤフェンダー上部には三角の充電ポートも確認できる。

ベースとなるアイオニック5 では、58kWhと72.6kWhのバッテリーが用意される。4WDと組み合される上位モデルでは、システム全体で225kW(306ps)の出力、最大トルク605Nmを発揮、0-100km/h加速は5.2秒で駆け抜ける。

そして高性能「N」バージョンでは、起亜「EV6」から「E-GMP」プラットフォームと、デュアルモーター電気パワートレインを流用、EV6では最高出力576psを発揮するGTバージョンが提供されているが、アイオニック5 Nでは、600psが予想されている。また電子式理ミッドスリップデファレンシャルを使用して4輪全てに動力を伝え、0-100km/h加速は3.5秒、最高速度260km/h(電子制御)のパフォーマンスを持つ。

アイオニック5 Nのワールドプレミアは、2022年内となるだろう。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top