このサイズで狂気の272馬力...トヨタ アイゴクロス、高性能「GR」設定の噂 | Spyder7(スパイダーセブン)

このサイズで狂気の272馬力...トヨタ アイゴクロス、高性能「GR」設定の噂

自動車 新車スクープ
トヨタ アイゴX
  • トヨタ アイゴX
  • トヨタ アイゴX
  • トヨタ アイゴX
  • トヨタ アイゴX
  • トヨタ アイゴX
  • トヨタ アイゴX
トヨタは11月5日、Aセグメント・クロスオーバー『アイゴX』(アイゴクロス)を発表したが、高性能「GR」設定の噂が囁かれている。

初代アイゴは、プジョー「107」、シトロエン「C1」の兄弟モデルとして2005年に発売、20014年に登場した第2世代を経て、第3世代では「アイゴX」に改名、最低地上高を11mm高めるなどSUVテイストを強めたクロスオーバーとして誕生した。

市販型では「ヤリス」、及び「ヤリス クロス」から「TNGA-B」プラットフォームを流用、前後オーバーハングを切り詰め、全長3,700mm、全幅1,740mm全高1,525mmのコンパクトボディを実現した。

パワートレインは、1.0リットル直列3気筒ガソリンエンジンを搭載、最高出力72hp、最大トルク93Nmと抑えられているが、フットワークの軽さから問題はないだろう。駆動方式はFF、トランスミッションは5速MTとCVTが提供され、足まわりでは、最大18インチのホイールが装着される。

注目は高性能「GR」が設定されるかどうかだが、トヨタヨーロッパの製品、及びマーケティング担当副社長、アンドレア・カルルッチ氏は英Autocar誌のインタビューにて、「はっきりさせましょう。それは我々の計画に含まれておりません」と語ったという。ただし、100%発売しないというわけではなく、「市場での今後の声を参考にしていきます」とつけ加えている。

実際、Spyder7スクープ班ではスウェーデンエージェントから、少なくとも、なんらかの形(パーツなど)でGRの名が与えられる可能性はありそうだという情報が入っている。

GRアイゴクロスが発売されるとなれば、「GRヤリス RZ/RC」から流用される1.6リットル直列3気筒ターボガソリンエンジンが予想され、最高出力は272hpを発揮。3,700mmの全長を考慮すれば、狂気の高性能ともいえる。

実現するかどうかは不明だが、GRアイゴクロスを待っている顧客がいることだけは間違いなく、発売されれば日本市場導入への期待はより高まるだろう。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top