ウルスのようなヒップ...BMW最高級SUV『X8/XM』、11月29日衝撃デビューの可能性! | Spyder7(スパイダーセブン)

ウルスのようなヒップ...BMW最高級SUV『X8/XM』、11月29日衝撃デビューの可能性!

自動車 新車スクープ
BMW X8 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X8 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X8 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X8 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X8 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X8 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X8 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X8 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X8 市販型プロトタイプ スクープ写真
BMWが現在開発中の新フラッグシップ・クロスオーバーSUV、『X8/XM』市販型の最新プロトタイプをカメラが捉えた。

目撃された2台の開発車両は、これまでで最もカモフラージュが軽く、初めてプロダクション仕様のスプリットヘッドライトが装着された。これにより同じく開発中の「X7」改良新型と似たフロントマスクが実現する。ほかでは垂直のエアカーテン、中央のワイド吸気口、M3やM4と似ている膨らんだフードも確認できるほか、キャリアカーで輸送中のプロトタイプは、ルーフが赤でペイントされているおかげで、丸みを帯びて傾斜するルーフラインがはっきりと認識できる。

側面では、フラッシュマウントされたドアハンドル、フロントフェンダーに充電口、足回りには赤いキャリパーを備えた高性能ブレーキシステムや、大径ホイールを装備。また角張ったショルダーライン、ランボルギーニ「ウルス」を彷彿させる筋肉質のリアハンチも見てとれる。

後部では、上下二段に重なるクワッドエキゾーストパイプをインストールしているほか、比較的コンパクトなスポイラーとラップアラウンドテールライトも見ることができる。

プロダクション仕様の性能は不明だが、噂によると2つのプラグインハイブリッドバージョンを含む、3つの異なるパワートレインが提供されるという。そのうち1つは、3.0リットル直列6気筒ターボチャージャーエンジンで、約24kWhのリチウムイオンバッテリーパックを積むという。しかし、最大の注目はV型8気筒ツインターボエンジンと電気モーターを搭載するレンジトッピングで、最高出力は760ps以上とも噂されている。

果たして11月29日の衝撃デビューはあるのか、注目だ。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top