ベトナム初の自動車メーカー「ピンフィスト」、新型EVを発表!航続は550km…ロサンゼルスモーターショー2021 | Spyder7(スパイダーセブン)

ベトナム初の自動車メーカー「ピンフィスト」、新型EVを発表!航続は550km…ロサンゼルスモーターショー2021

自動車 ニューモデル
ビンファスト VF e35(ロサンゼルスモーターショー2021)
  • ビンファスト VF e35(ロサンゼルスモーターショー2021)
  • ビンファスト VF e36(ロサンゼルスモーターショー2021)
  • ビンファスト VF e35(ロサンゼルスモーターショー2021)
  • ビンファスト VF e36(ロサンゼルスモーターショー2021)
  • ビンファスト VF e35
  • ビンファスト VF e35
  • ビンファスト VF e35
  • ビンファスト VF e35

ベトナム初の世界的な自動車メーカーの「ビンファスト」(VinFast)は11月17日、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー2021において、新型EVを2車種、ワールドプレミアした。

ビンファストは、ベトナムの大手民間多業種グループ、ビングループの子会社として、2017年に設立された。年産能力は自動車が25万台、電動スクーターが50万台に達している。

今回のワールドプレミアは、ビンファストのEVの正式な北米市場進出を意味するという。現地での新型EVの予約注文の受け付けは、2022年上半期(1~6月)に開始される予定だ。

◆D/Eセグメントの電動SUVは最大出力408hp

ビンファストはロサンゼルスモーターショー2021において、新型EVを2車種、ワールドプレミアした。『VF e35』と『VF e36』の2つの電動SUVモデルだ。VF e35はDセグメントの中型電動SUV、VF e36はEセグメントの大型電動SUVになる。

両電動SUVには、共通のEVパワートレインを搭載する。最上位グレードのモーターは、最大出力408hp、最大トルク65.3kgmを引き出す。1回の充電での航続は、VF e35が最大500km、VF e36が最大550kmに到達する。

VF e35とVF e36では、車載ソフトウェアの更新を、無線通信で行う。また、リアルワールドのドラビングデータからの機械学習を通じて、AI(人工知能)が車両の機能を向上させ続けることが可能という。

◆デザインの方向性が異なる2台のSUV

VF e35のデザインには、繊細でありながらシャープでくっきりとしたラインのバランスを追求しており、デザインにパワーと前に進む動きをもたらす、と自負する。この美しいハーモニーが現代的なプロポーションを構築し、「ダイナミックバランス」という言葉を浮かび上がらせるという。

一方、VF e36のデザインでは、力強くてダイナミックなデザインを重視した。ボンネットとフロント部分に発生する「空気のカーテン」により、高抵抗領域から空気の流れを変えることが可能。空力性能と航続の拡大を追求している。それに加えて、ドアハンドル、ガラス、トリムを全て、ボディと同一平面上とした。傾斜のついたルーフラインとテーパー状の側面ガラスも、空力性能の向上に貢献しているという。

ビンファストは、スマートサービスのプラットフォームや、顧客のための個別化された体験をベースにした包括的で最新のEVエコシステムを提供する、と自負する。

◆最新の先進運転支援システム

この2つの電動SUVには、最新の先進運転支援システム(ADAS)を採用する。車線逸脱防止支援、衝突警告、ドライバー監視、完全自動パーキングや車両呼び寄せなどの機能を備えている。さらに、VF e35とVF e36には、音声アシスタント、バーチャルアシスタント、eコマースサービスなどの車載コントロール機能といったスマートインフォテインメントを搭載している。

VF e35とVF e36は、ビンファストの社内研究開発システムへの戦略的投資、テクノロジー企業や革新的なスタートアップとの長年にわたる世界的なコラボレーションの結果として誕生したという。ビンファストの電動SUVモデルは、2022年上半期に先行予約が始まり、2022年第4四半期(10~12月)に納車を開始する予定だ。

ビンファストのEVブランドの正式な導入と、ロサンゼルスモーターショー2021での2つの電動SUVの発表は、ビンファストが世界市場に進出する戦略の第一歩。今後数か月で、次の計画をカナダと欧州に拡大する、としている。

ベトナム初の自動車メーカーが新型EVを発表、航続は550km…ロサンゼルスモーターショー2021

《森脇稔@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top