電動モデルを強化...メルセデスベンツ、新型高性能モーターを2022年から生産へ! | Spyder7(スパイダーセブン)

電動モデルを強化...メルセデスベンツ、新型高性能モーターを2022年から生産へ!

自動車 テクノロジー
メルセデスベンツのEVラインナップ(開発プロトタイプも含む)
  • メルセデスベンツのEVラインナップ(開発プロトタイプも含む)
  • メルセデスベンツが2022年から生産する新型高性能モーター
  • メルセデスベンツのドイツ・ベルリン工場

メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)は11月18日、新開発の高性能モーターの生産を、2022年からドイツ・ベルリン工場で行うと発表した。

メルセデスベンツは、2025年以降に発表する次世代車台を、すべてEV専用にする計画だ。そして、市場の状況が許せば、2030年から販売する全モデルをEVにするために、準備していく。

ベルリン工場は、新開発の高性能モーターの生産を行うことで、将来に向けた新たな方向性を示し、メルセデスベンツの電動車のラインナップ拡大を支える。ベルリン工場の改修により、メルセデスベンツは、持続可能で排出物のない未来に向けて、新しいデジタル化と電動化のマイルストーンに到達するという。

すでにメルセデスベンツは、英国を拠点とする電気モーター製造会社のYASAを買収した。この買収契約により、メルセデスベンツは、次世代の高性能モーターを開発するために、YASAが持つ軸方向磁束モーター技術とノウハウを利用できるようになる。

なお、2022年からドイツ・ベルリン工場で生産を開始する高性能モーターには、このYASAのテクノロジーを採用したモーターが含まれる、としている。

メルセデスベンツ、新型高性能モーターを2022年から生産へ…電動車を拡大

《森脇稔@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top