メルセデスベンツGLC最強モデルAMG『GLC 63』次期型、「Black Series」も用意か | Spyder7(スパイダーセブン)

メルセデスベンツGLC最強モデルAMG『GLC 63』次期型、「Black Series」も用意か

自動車 新車スクープ
メルセデス AMG GLC63 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GLC63 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GLC63 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GLC63 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GLC63 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GLC63 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GLC63 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GLC63 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GLC63 市販型プロトタイプ スクープ写真
メルセデスベンツの主力クロスオーバーSUV、『GLC』の最強モデルであるAMG『GLC 63』次期型プロトタイプをカメラが初めて捉えた。

初代となる現行型GLCは2016年に発売、AMG GLC 63は2018年に設定されており、かなり早い段階での世代交代となりそうだ。

捉えたプロトタイプは、偽装の下にパナメリカーナグリルを装備、フロントバンパーには巨大エアインテークの輪郭がうっすらと見えている。リアエンドでは、アグレッシブなディフューザーや、スポーツチューンサスペンションを備えているようにみえるほか、ベンチレーテッドディスクと、カラーキャリパーを備えた高性能ブレーキシステムによりバックアップされた、軽量ホイールが確認できる。また先日捉えた弟分「GLC 43」が、円形クワッドエキゾーストパイプを備えているのに対し、63ではスクエアデザインで差別化している。

内部では、Cクラス新型とレイアウトを共有するとみられ、自立型の12.3インチデジタルインストルメントクラスターと、センターコンソールに立ち上がる11.9インチのインフォテインメントシステムが装備されると予想される。

パワートレインは、「C 63」と同様に4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンが、2.0リットル直列4気筒ターボエンジンに置き換えられる。しかし、最高出力204ps、最大トルク320Nmを発揮するリアマウント電気モーターと6.1kWhバッテリーパックを組み合わせることにより、最高出力は過去最高の653psを発揮すると予想され、9速ATが標準装備される。また「Black Series」のようなスペシャルモデルも噂されている。

ベースモデルとなるGLC次期型は2022年内の登場が期待されており、AMGバージョンは2023年以降となるだろう。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top