その名は「不死鳥」...フェラーリF50を21世紀に蘇らせたらこうなった! | Spyder7(スパイダーセブン)

その名は「不死鳥」...フェラーリF50を21世紀に蘇らせたらこうなった!

自動車 新車スクープ
フェラーリ FENIX 予想CG
  • フェラーリ FENIX 予想CG
  • フェラーリ FENIX 予想CG
  • フェラーリ FENIX 予想CG
  • フェラーリ FENIX 予想CG
  • フェラーリ FENIX 予想CG
  • フェラーリ FENIX 予想CG
  • フェラーリ FENIX 予想CG
  • フェラーリ FENIX 予想CG
フェラーリの名車「F50」を21世紀に蘇らせたら、という大胆な予想CGを制作してもらった。

F50 は、フェラーリ創設50周年を記念するとともに、「F40」後継モデルとして1995年に発売された。エンツォ・フェラーリの息子、ピエロ氏の「F1エンジンを積むロードゴーイングカー」という発想から生まれ、心臓部にはF1マシン「F92A」から3.5リットル自然吸気V型12気筒DOHCエンジンを流用、最高出力520ps、最大トルク471Nmを誇った。

CGで協力してくれたのはデザイナーのUgur_Sahi_Design氏だ。プロジェクト「FENIX」(不死鳥)と名付けられたこの現代版F50は、オリジナルの本質を維持しながら、新旧のバランスをとるよう設計された。

正面には、F50から採用されたいくつかのデザイン要素を見ることができる。最も注目すべきは、2つのエアスクープを備えたボンネットフードだ。またF50のヘッドライトは、スリムなLEDデイタイムランニングライトを備えるデザインに置き換えられ、黒い吸気口に配置された。

ルーフラインにもF50のスピリットを感じることができる。またオリジナルと同じように、フロントバンパーから側面に沿って走り、リヤまで続く黒いデザインラインが確認できる。

後部では、リヤクォーターパネルから伸びる巨大ウィングが装備されている。またF50には4つのシンプルな円形テールライトがあったが、FENIXでは4つのスリムなLEDテールライトが黒いメッシュパネルに組み込まれている。また複雑なディフューザーとF1にインスパイアされたサードブレーキライト、シンプルなクワッドエキゾーストパイプなどを備えている。

2025年はフェラーリ80周年になるが、そろそろ後継モデルに期待してもいい頃だろう。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top