カウンタック復活に続け!伝説のメルセデスSLRマクラーレン、現代版を大予想 | Spyder7(スパイダーセブン)

カウンタック復活に続け!伝説のメルセデスSLRマクラーレン、現代版を大予想

自動車 新車スクープ
メルセデスベンツ SLR マクラーレン 新型 予想CG
  • メルセデスベンツ SLR マクラーレン 新型 予想CG
  • メルセデスベンツ SLR マクラーレン 新型 予想CG
  • カウンタック復活に続け!伝説のメルセデスSLRマクラーレン、現代版を大予想
  • カウンタック復活に続け!伝説のメルセデスSLRマクラーレン、現代版を大予想
  • カウンタック復活に続け!伝説のメルセデスSLRマクラーレン、現代版を大予想
  • カウンタック復活に続け!伝説のメルセデスSLRマクラーレン、現代版を大予想
ランボルギーニは9月、名車『カウンタック』を復活。その名前だけでなく、オリジナルデザインを強く継承したデザインが特徴だが、これに対抗し得るモデルとしてSpyder7ではメルセデスベンツSLRマクラーレン復活版を予想してみた。

予想CGを提供してくれたのはデザイナーのthesketchmonkey氏だ。ヘッドライトは、丸眼四灯から鋭く釣り上がるデザインに変更。内部にはブーメラン型のLEDデイタイムランニングライトを配置しているほか、スプリッターを備えるベンチレーションなど新デザイン要素も導入しているが、最も象徴的なF1ノーズ、その両脇の吸気口デザインも維持されており、カウンタック同様にその意匠が見事に継承されていると言っていいだろう。

メルセデスベンツSLRマクラーレンは、F1で提携したメルセデスベンツとマクラーレンで共同開発された伝説のスーパーカーで、2004年から2009年まで製造された。その車名は1955年の「300SLR」を起源とし、バタフライドアやF1ノーズがインパクトを与えた。

パワートレインは、5.4リットルV型8気筒スーパーチャージャーエンジンを搭載、最高出力は626ps、「722エディション」では650psまで高められている。その動力性能は0-100kme/加速3.6秒、最高速度337km/hと当時でも圧倒するパフォーマンスを発揮、同世代のライバルでは「フェラーリ599GTBフィオラノ」(2006年~2012年)が存在した。

果たしてカウンタックに続いての復活はあるのか期待したい。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top