【動画】プリセプト市販型は『ポールスター5』に決定!EV4ドアサルーンで2024年発売へ | Spyder7(スパイダーセブン)

【動画】プリセプト市販型は『ポールスター5』に決定!EV4ドアサルーンで2024年発売へ

自動車 新車スクープ
ポールスター5 ティザーイメージ
  • ポールスター5 ティザーイメージ
  • ポールスター5 ティザーイメージ
  • ポールスター5 ティザーイメージ
  • ポールスター5 ティザーイメージ
  • ポールスター5 ティザーイメージ
  • ポールスター5 ティザーイメージ
  • ポールスター5 ティザーイメージ
  • ポールスター5 ティザーイメージ
ボルボが展開する高性能部門「ポールスター」は、現在開発中の新型エレクトリックモデルを『ポールスター5』にすると発表した。

同ブランドは現在販売中のPHVクーペ、『ポールスター1』を2021年以降に生産終了予定で、ハッチバックEVセダンの「ポールスター2」へとバトンタッチされる。また2022年には電動SUV「ポールスター3」が、ボルボ「XC90」のスポーティーバージョンとして登場、2024年には「ポールスター4」が計画されている。

同年登場が予定される「ポールスター5」は、高性能エレクトリック4ドアGTで、2020年に詳細が発表されていた「プリセプト」コンセプトカーの市販型となる。

ポールスターのエクステリアデザインマネージャーであるNahum Escobedo氏は、「サメや飛行機からインスピレーションを得た」と語っており、コンセプトカーにかなり似ている。デザインの変更は、わずかに大型化されたLEDヘッドライト、新設計されたバンパーのほか、ボンネットインテークの廃止、ルーフマウントのLiDARは削除、リヤドア、高いルーフラインだろう。

反面、プリセプトの巨大なパノラマルーフは残っているように見える。またその後部にリヤウィンドウスクリーンがあるのか、パネルなのかは不明だが、コンセプトにはガラスエリアがなく、継承される可能性もありそうだ。

インテリアの画像は公開されていないが、巨大なタッチスクリーン、フルデジタルインストルメントクラスターが搭載されると予想される。またフラットフロアレイアウトのエレクトリック専用プラットフォームのおかげで、2人の乗客のための後部には十分なスペースが確保されるが、最終市販型で2つの個別のシートを備えるのか、実用性の高い3シートレイアウトが採用されるかは断定できない。

またプリセプトでは、Android Automotive OSと12.5インチのドライバーズディスプレイ、15インチのインフォテイメントタッチスクリーンを備えるデジタルコックピットを装備していたが、市販型で反映されるか注目される。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top