レクサス新型クーペSUV『RZ』を予告...ブランド第二弾のピュアEV | Spyder7(スパイダーセブン)

レクサス新型クーペSUV『RZ』を予告...ブランド第二弾のピュアEV

自動車 新車スクープ
RZ ティザーイメージ
  • RZ ティザーイメージ
  • RZ ティザーイメージ
  • RZ ティザーイメージ
  • RZ ティザーイメージ
  • トヨタ bZ4X
  • トヨタ bZ4X
レクサスは2020年、ブランド初となる市販EV『UX300e』を発売したが、EVクロスオーバーSUV第二弾となる、『RZ』のティザーイメージをリリースした。

公開されたのはフロントエンド、リアトランクリッド、そしてサイドビューだ。フロントにはL字型に切れ上がるシャープなLEDデイタイムランニングライト、側面でリアドアへキックアップするスポーティなキャラクターラインや、クーペルーフ、そしてリアエンドではLEDストリップテールライト、スプリットタイプのルーフスポイラー、アグレッシブなトランクリッドスポイラーなどが確認できる。

市販型では、トヨタ「bZ4X」やスバル「ソルテラ」で採用されている「e-TNGA」プラットフォームを流用、後部ドアがbZ4Xより長く、若干ボディが拡大されている可能性があるかもしれない。

予想されるスペックは、2019年に発表された「LF-Z Electrified」をベースに、最高出力536hp、0-100km/h加速3秒のパフォーマンスが期待できそうだ。

市場では、テスラ「モデルY」、アウディ「Q4 e-tron」、ジェネシス「GV60」、メルセデスベンツ「EQC」をライバルとし、2022年末までにショールームに届けられると予想される。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top