小さなグリルが逆に新鮮!? フォード フォーカスセダン改良新型はこうなる! | Spyder7(スパイダーセブン)

小さなグリルが逆に新鮮!? フォード フォーカスセダン改良新型はこうなる!

自動車 新車スクープ
フォード フォーカス セダン 改良新型 予想CG
  • フォード フォーカス セダン 改良新型 予想CG
  • フォード フォーカス セダン 改良新型 予想CG
  • フォード フォーカス セダン 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • フォード フォーカス セダン 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • フォード フォーカス セダン 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • フォード フォーカス セダン 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • フォード フォーカス セダン 改良新型 プロトタイプ スクープ写真

フォードの欧州Cセグメントモデル『フォーカス』は、現在改良新型を開発しているが、その派生モデル「フォーカス セダン」予想CGを入手した。

現在欧州では、抜群の知名度を誇るフォーカスは1998に誕生、現行型となる第4世代は2018年に発売されたが、同年4月北米市場にてセダンやハッチバックが撤退することを発表、クロスオーバーSUVの「フォーカス アクティブ」のみ販売継続されるも、同年8月にはやはりアメリカ国内での販売が終了となっている。

ロシアのカーメディア「KORESA.RU」から入手した予想CGは、直近のスパイショットに基づいて制作されており、ほぼこのままのデザインで発売されると見ていいだろう。フロントエンドでは、最近流行の大型化に反してコンパクトサイズのグリルを確認、逆に新鮮味を感じる。またヘッドライトには、中央に配置されていたLEDデイタイムランニングライトが、ヘッドライト下部アウトラインをなぞるように置き換えられており、スッキリとした印象だ。

後部では、テールライトが若干コンパクトになり、中のグラフィックスが刷新されている。またバンパー内では、円形のシングルタイプから変更された、台形のデュアルエキゾーストパイプが確認できる。内部のレンダリングはないが、情報によると、より大型のインフォテインメントディスプレイが期待できるという。

パワートレインは、3気筒とターボチャージャーを備えた1.5リッターEcoBoost、1.5リッターEcoBlue、2.0リッターEcoBlue、2.3リッターEcoBoostで構成、トランスミッションは6速スティックシフトと7速および8速オートマチックが設定される。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top