フォード フォーカスが大幅改良へ...ラグジュアリーな「ヴィニャーレ」プロトタイプが新グリル装着! | Spyder7(スパイダーセブン)

フォード フォーカスが大幅改良へ...ラグジュアリーな「ヴィニャーレ」プロトタイプが新グリル装着!

自動車 新車スクープ
フォード フォーカス セダン 改良新型 スクープ写真
  • フォード フォーカス セダン 改良新型 スクープ写真
  • フォード フォーカス セダン 改良新型 スクープ写真
  • フォード フォーカス セダン 改良新型 スクープ写真
  • フォード フォーカス セダン 改良新型 スクープ写真
  • フォード フォーカス セダン 改良新型 スクープ写真
  • フォード フォーカス セダン 改良新型 スクープ写真
  • フォード フォーカス セダン 改良新型 スクープ写真
  • フォード フォーカス セダン 改良新型 スクープ写真
フォードは、主力フォーカスの高性能バージョン『フォーカスST ハッチバック』エディション改良新型を発表したばかりだが、派生モデル「セダン」プロトタイプをカメラが初めて捉えた。

初代フォーカスは1998に誕生、現行型となる第4世代は2018年に発売されたが、同年4月北米市場にてセダンやハッチバックが撤退することを発表、クロスオーバーSUVの「フォーカス アクティブ」のみ販売継続されるも、同年8月にはやはりアメリカ国内での販売が終了となった。

ベルギーでキャッチしたプロトタイプは、ボディパネルをはじめ、すべてプロダクションコンポーネントが装着されている。そこにはわずかに形状が変更されたヘッドライトが装備されている。またラジエーターグリルは、これまで見たことのないグリルパターンが配置されており、より高いトリムレベルが予想される。それから判断するとラグジュアリースタイルの「Vignale」(ヴィニャーレ)の可能性が高い。

足まわりにはツートンカラーのダイヤモンドカットホイールを装着、LEDテールライトはグラフィックが変更、バンパーは今後着手されるだろう。車内では、最新のインフォテインメントソフトウェア、より優れた素材の新しいトリムオプションなどが期待できそうだ。

パワートレインは、3気筒とターボチャージャーを備えた1.5リッターEcoBoost、1.5リッターEcoBlue、2.0リッターEcoBlue、2.3リッターEcoBoostで構成、トランスミッションは6速スティックシフトと7速および8速オートマチックが設定される。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top