SUVなのにテーマは「サメ」...起亜の電動クロスオーバー『ニロ』新型、傾斜した赤いCピラーを確認! | Spyder7(スパイダーセブン)

SUVなのにテーマは「サメ」...起亜の電動クロスオーバー『ニロ』新型、傾斜した赤いCピラーを確認!

自動車 新車スクープ
起亜 ニロ 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • 起亜 ニロ 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • 起亜 ニロ 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • 起亜 ニロ 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • 起亜 ニロ 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • 起亜 ニロ 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • 起亜 ニロ 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • 起亜 ニロ 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • 起亜 ニロ 次期型プロトタイプ スクープ写真
起亜が現在開発を進めるコンパクト・クロスオーバーSUV、『ニロ』新型の最新プロトタイプをカメラが捉えた。

キャッチした開発車両はこれまでで最もカモフラージュが軽く、ピラーが露出しているほか、ファンキーなLEDデイタイムランニングライトも見てとれる。市販型は、2019年に公開された「ハバロニ コンセプト」から多くのスタイリングを継承、クラムシェルフードや、コンセプトで見られた赤とほぼ同色の傾斜したCピラーの一部が初めて露出しているほか、後部ではブーメラン型テールライトも見えている。

またマスキングされたグリルは、起亜特有のタイガーノーズから「サメ」をテーマにした形状に置き換わっていることが濃厚だ。

キャビン内も完全に新設計される。ダッシュボードには、フルデジタル化されたデュアディスプレイが組み込まれているほか、インフォテイメントのタッチスクリーンが少し低い位置に配置されているが、今後「EV 6」のようにフラットに修正される可能性があるだろう。

パワートレインは、ハイブリッドのほか、パワートレインはハイブリッド、PHEVなどすべて電動化される予定で、PHEVモデルには、77.4kWhのバッテリーパックと最高出力324ps、最大トルク605Nmを発揮するデュアルモーター四輪駆動パワートレインを検討している可能性があるという。

ニロ次期型のデビューは、2022年初頭と予想されている。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top