高性能「R」も噂...VWピックアップ『アマロック』新型ティザーイメージ公開! | Spyder7(スパイダーセブン)

高性能「R」も噂...VWピックアップ『アマロック』新型ティザーイメージ公開!

自動車 新車スクープ
VW アマロック 新型 ティザーイメージ
  • VW アマロック 新型 ティザーイメージ
  • VW アマロック 新型 ティザーイメージ
  • VW アマロック 新型 ティザーイメージ
  • VW アマロック 新型 ティザーイメージ

VWは、現在開発中のピックアップトラック『アムロック』新型のティザーイメージをリリースした。

2010年に発売されたアマロックは、2.0リットル直列4気筒ガソリンエンジンを搭載しデビュー、2016年にはディーゼルエンジンを刷新、新開発の3.0リットルV型6気筒エンジンが設定されており、これが12年ぶりのフルモデルチェンジとなる。姉妹モデルであるフォード「レンジャー」は11月、第4世代となる新型を発表したばかりで、それに伴うかたちでのデビューとなりそうだ。

新型では、コスト削減のため、レンジャーとボディパネルのいくつかを共有、サイドミラーキャップも共有する。しかし、ボンネットフード、フロントフェンダー、ヘッドライト、フロントグリルなどは異なり、大きく差別化が図られているようだ。

公開されたスケッチでは、ホイールアーチ周りにプラスチック製のボディクラッディングを備えたワイドフェンダーが見てとれる。またフロントグリルにはLEDライトバーを配置、レンジャーよりスポーティなイメージだ。後部のスケッチはないが、LEDテールライトの形状は同じながら、グラフィックスは異なると予想される。

キャビン内には、センターコンソールがタッチスクリーンにより支配されている。こちらもレンジャーと酷似したレイアウトになりそうだが、コントロールボタンなどのデザイン、配置は独自のものになる。またオートマチックトランスミッションのギアレバーの形状が異なるほか、カップホルダーが後方に設置、電動パーキングブレーキやドライブモートセレクターの位置も異なっている。

パワートレインは、アップデートされた3.0リットルV型6気筒ディーゼルが予想されるが、最強バージョン「R」の設定も噂されている。

アマロック市販型は2022年に次世代型へ切り替わり、南アフリカとアルゼンチで生産、来年後半から欧州で販売予定となっている。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top