【日本カーオブザイヤー2021】アウトランダーPHEVの走行性能…片岡英明 | Spyder7(スパイダーセブン)

【日本カーオブザイヤー2021】アウトランダーPHEVの走行性能…片岡英明

自動車 社会
三菱アウトランダー
  • 三菱アウトランダー
  • 三菱アウトランダー
  • 三菱アウトランダー
  • 日本カーオブザイヤー10ベスト試乗会
  • 日産ノート(日本カーオブザイヤー10ベスト試乗会)
  • 日産ノート(日本カーオブザイヤー10ベスト試乗会)
  • VWゴルフ(日本カーオブザイヤー10ベスト試乗会)
  • VWゴルフ(日本カーオブザイヤー10ベスト試乗会)

2021-2022日本カー・オブ・ザ・イヤー」が12月10日、決定した。大賞に選ばれたのは、日産『ノート』(ノート/ノートオーラ/ノートオーラNISMO/ノートAUTECHクロスオーバー)だ。日本カー・オブ・ザ・イヤーは今年度が42回目の開催となる。

選考委員の片岡英明氏は、三菱『アウトランダー』に満点の10点を投じた。アウトランダーPHEVはテクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤーに選出された。以下は日本カー・オブ・ザ・イヤー公式HPに掲載された片岡氏のコメントだ。

☆☆☆

アウトランダーPHEVに乗って驚かされたのは、走行性能の高さだ。ツインモーター4WDを主役にした三菱独自のS-AWCは、長年にわたって積み上げてきた技術に磨きをかけ、意のままに操れる気持ちよさと安心感を高いレベルで実現している。また、i-MiEVなどで培ってきたEV技術を駆使してPHEVシステムを大きく進化させたことも高く評価した。駆動用バッテリーの容量も増えたからCO2を出さないEV走行のシーンが増えている。力強いデザインと質感の向上も魅力のひとつと感じた。

☆☆☆

片岡氏の全投票点数(掲載はノミネート番号順)
●トヨタ・ランドクルーザー:3点
●日産 ノート:5点
●ホンダ・ヴェゼル:2点
●三菱アウトランダーPHEV:10点
●フォルクスワーゲン・ゴルフ/ゴルフヴァリアント:5点

各賞
●日本カー・オブ・ザ・イヤー:日産ノート
●インポート・カー・オブ・ザ・イヤー:フォルクスワーゲン・ゴルフ/ゴルフヴァリアント
●デザイン・カー・オブ・ザ・イヤー:BMW 4シリーズ(クーペ/カブリオレ/グラン クーペ/M4クーペ)
●テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー:三菱アウトランダーPHEV
●パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー:シボレー・コルベット
●K CAR オブ・ザ・イヤー(軽自動車):ホンダN-ONE

今年度のエントリーは、2020年11月1日から2021年10月31日までに発表または発売された乗用車国内外の全29モデル。自動車評論家、ジャーナリスト、有識者からなる60名の選考委員により、まず上位10モデルの「10ベストカー」を選定、さらにそれらの中から投票により“今年を代表する1台”決定した。輸入車の中で最多得票の車にはインポート・カー・オブ・ザ・イヤーが送られる。

委員はそれぞれ25点の持ち点を10車種(10ベスト)のうち5車種に配点し、それらのうち最も高く評価する車種に対して必ず10点を与える。また、10点を与える車種は1車種とする。

アウトランダーPHEVの走行性能…片岡英明【日本カーオブザイヤー2021-2022】

《出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top