2022年デビューへ...レクサス新型電気SUV『RZ 450e』、リアはBMW X6風 | Spyder7(スパイダーセブン)

2022年デビューへ...レクサス新型電気SUV『RZ 450e』、リアはBMW X6風

自動車 新車スクープ
レクサス RZ 450e
  • レクサス RZ 450e
  • レクサス RZ 450e
  • レクサス RZ 450e
  • レクサス RZ 450e

レクサスは、2035年までにラインアップのフルエレクトリック化を発表、新型ピュアEVプロトタイプを4台初公開したが、その中の1台、『RZ 450e』が2022年デビューすることが濃厚であることがわかった。

レクサスは2020年、ブランド初となる市販EV『UX300e』を発売したが、「RZ」はその第二弾となるSUVで、「LF-Z Electrified」コンセプトの市販型と思われる。すでに日本国内で商標登録が完了しており、生産準備が整っているようだ。

公開されたプロトタイプは、LF-Zコンセプトにくらべ若干トーンダウンしているデザインが見てとれる。ヘッドライトは従来のデザインを採用、バンパーとホイールアーチのプラスチッククラッディングはよりシンプルになり、ボディシルエットも現実的なものに変えられている。

とは言うものの、完全に覆われたスピンドルグリルを備えた突出した鋭いノーズ、プロフィールのダイナミックなライン、クーペスタイルのルーフライン、ハイマウント全幅LEDテールライトなどいくつかのデザインは継承されている。後部では中央が分割されたスポイラーの代わりに、角のほうに見えるスポイラーセットと、テールゲートに統合された別のダックテイルスポイラーを手に入れている。またリアエンドのスタイリングアプローチはBMW「X6」を彷彿させる。

市販型では、トヨタ「bZ4x」やスバル「ソルテラ」から「eTNGA」アーキテクチャを流用、デュアル電気モーターを積む。また高度なトルクベクタリング機能と、ドライビングダイナミクスへの新たな焦点を備えた、「DIRECT4」四輪駆動システムを搭載するのも特徴だ。

コンセプトでは、90kWhの床下リチウムイオンバッテリーにより600km((373マイル)の航続を実現したが、市販型でも同様のパフォーマンスが期待できるはずだ。

発売スケジュールは公式に発表されていないが、入手した情報によると2022年秋以降と予想されている。発売されれば、市場ではテスラ「モデルY」、フォード「マスタングマッハE」、アウディ「Q4 e-tron Sportback」、ジェネシス「GV60」などと争うことになるだろう。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top