発表直前...メルセデス新型エレクトリック4ドア『EQXX』、市販化も! | Spyder7(スパイダーセブン)

発表直前...メルセデス新型エレクトリック4ドア『EQXX』、市販化も!

自動車 新車スクープ
メルセデスベンツ EQXX コンセプト
  • メルセデスベンツ EQXX コンセプト
  • メルセデスベンツ EQXX コンセプト
  • メルセデスベンツ EQXX コンセプト
  • メルセデスベンツ コンセプト IAA
  • メルセデスベンツ コンセプト IAA
  • メルセデスベンツ コンセプト IAA
  • メルセデスベンツ コンセプト IAA
  • メルセデスベンツ コンセプト IAA

メルセデスベンツが世界初公開を目前に控える『ビジョンEQXX』が、早ければ2023年にも市販化される可能性があることがわかると同時に、その最新ティザーイメージをリリースした。

最新画像では、非常に滑らかなルーフラインを持つ4ドアクーペであることがわかる。そのルックスは2015年フランクフルトモーターショーで初公開された「コンセプトIAA」を彷彿させる形状だが、リアオーバーハングはそれほど長くは見えず、フェンダーもはるかに鮮明で 、フロントガラスはコンセプトモデルより若干直立している。

同社では、「メルセデスベンツがこれまでに製造した最も効率的な電気自動車になるよう開発されました。抗力係数はEQSを上回ります」と語っている。EQSの抗力係数はブランドの中で最も低い0.20であり、その動力性能は過去最高となりそうだ。またヴィジョンEQXXのバッテリーエネルギー密度を、同ブランドの主力EVと比較してさらに20%増加させることもわかっている。

また、メルセデスAMGフォーミュラワンの高性能パワートレイン部門 が開発に関与、航続は驚異の621.4マイル(1,000km)と噂されており、市販化されれば、ブランドラインアップの中でも従来のモデルとは一線を画する、新たな路線の開拓となりそうだ。

EQXXのワールドプレミアは2022年1月3日(月)だが、コンセプトIAAにどれだけ近いか注目されると同時に、同社がEVに移行し続ける中で、電動化の取り組みにおけるブランドの次のステップをプレビューすることになるだろう。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top