[特集写真41点]トヨタ自動車の近未来バッテリーEV…新戦略展開! | Spyder7(スパイダーセブン)

[特集写真41点]トヨタ自動車の近未来バッテリーEV…新戦略展開!

自動車 ビジネス
トヨタ自動車近未来BEV
  • トヨタ自動車近未来BEV
  • BEV戦略を発表するトヨタ自動車 豊田章男社長
  • トヨタbZシリーズ
  • スバルと共同開発したトヨタbZ4X。トヨタ元町工場で2022年の発売に向けて生産準備中 《写真撮影 三橋仁明 / N-RAK PHOTO AGENCY》
  • トヨタbZスモール・クロスオーバー 《写真撮影 三橋仁明 / N-RAK PHOTO AGENCY》
  • トヨタbZスモール・クロスオーバー
  • ヨーロッパや日本を意識したトヨタbZコンパクトSUV 《写真撮影 三橋仁明 / N-RAK PHOTO AGENCY》
  • トヨタbZコンパクトSUV

トヨタ自動車は12月14日、近未来に向けてのバッテリーEV(BEV)戦略を発表した。カーボンニュートラルの実現に向けたトヨタ自動車の戦略の中で、有力な選択肢であるバッテリーEVの開発・生産・市場展開についての戦略だ。

バッテリーEVはクリーンなエネルギーを使ってCO2排出をゼロにする「カーボンニュートラルビークル」だ。トヨタ自動車では2030年までに30車種のバッテリーEVを展開し、グローバルに乗用・商用各セグメントにおいてフルラインでバッテリーEVをそろえるという。2030年のバッテリーEVのグローバル販売台数は、年間350万台をめざす。

350万台のうち100万台がレクサスだ。レクサスは2030年までにすべてのカテゴリーでバッテリーEVを設定し、欧州、北米、中国ではバッテリーEV100%とする。さらに、2035年にはグローバルでバッテリーEV100%をめざす。

トヨタ自動車の近未来バッテリーEV…新戦略展開[写真41点]

《高木啓@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top