どこが変わる!? ポルシェ911ターボ改良新型を初スクープ...コックピットも激写 | Spyder7(スパイダーセブン)

どこが変わる!? ポルシェ911ターボ改良新型を初スクープ...コックピットも激写

自動車 ニューモデル
ポルシェ 911ターボ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911ターボ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911ターボ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911ターボ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911ターボ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911ターボ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911ターボ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911ターボ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911ターボ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ポルシェの主力スポーツカー『911ターボ』が現行モデル初の大幅改良を控えている。今回はそのプロトタイプの内部を、スクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

992世代の『911』は2018年11月に発表、その後ハイパフォーマンスモデル『911ターボ』をはじめラインアップが追加されている。これが992世代として初の大幅改良となる。

プロトタイプのフロントエンドは随所に黒いテープが貼られ、カモフラージュされている。しかし、現行型より拡大されたエアインテークを装備、内部には垂直配置されたアクティブエアロベントが見てとれる。LEDデイタイムランニングライトが排除されているバンパー中央では、レーダーシステムの改良が行われている様子もうかがえる。

コーナーの円形ドライビングランプは明らかに生産仕様ではなく、LEDバーを含めたバンパーに大幅な改良が施される可能性が高い。後部では、LEDストリップテールライト中央のすぐ下に黒いテープが貼られている以外大きな変化が見られないが、今後着手されるはずだ。

キャビン内には、おなじみのダッシュボードとセンターコンソールが見えるが、インストルメントクラスターが隠されており、EV『タイカン』にインスパイアされたデザインが予想される。

パワートレインは、3.8リットル水平対向6気筒ツインターボチャージャーエンジンがキャリーオーバーされ、911ターボでは最高出力572hp、最大トルク750Nmを発揮。ターボSでは最高出力641hp、及び最大トルク800Nmが見込まれている。

992世代の大幅改良は911ファミリー全体に執行されるが、最初に登場するのがターボ、及びターボSになると予想され、2022年内の発売が期待される。

ポルシェ 911ターボ は大幅改良で何が変わる!? 改良新型を初スクープ

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top