ボディには「雲」...マセラティの新型スーパースポーツ『MC20』、これがコンバーチブル実車だ! | Spyder7(スパイダーセブン)

ボディには「雲」...マセラティの新型スーパースポーツ『MC20』、これがコンバーチブル実車だ!

自動車 新車スクープ
マセラティ MC20 コンバーチブル プロトタイプ ティザーイメージ
  • マセラティ MC20 コンバーチブル プロトタイプ ティザーイメージ
  • マセラティ MC20 コンバーチブル プロトタイプ ティザーイメージ
  • マセラティ MC20 コンバーチブル プロトタイプ ティザーイメージ
  • マセラティ MC20 コンバーチブル プロトタイプ ティザーイメージ
  • マセラティ MC20 コンバーチブル プロトタイプ ティザーイメージ
  • マセラティ MC20 コンバーチブル プロトタイプ ティザーイメージ
  • マセラティ MC20 コンバーチブル プロトタイプ ティザーイメージ
  • マセラティ MC20 コンバーチブル プロトタイプ ティザーイメージ

マセラティは2020年9月、新型スーパースポーツ『MC20』を初公開したが、そのドロップトップバージョンとなる『MC20コンバーチブル』市販型プロトタイプの画像を公式リークした。

同社では、MC20クーペがデビューした段階でコンバーチブル設定を示唆していたが、実車はスクープされておらず、これが初公開となる。マセラティではコンバーチブルを「クーペ初期のプロトタイプ」と表現している。ドライバーはドロップトップから空を楽しむことができるため、ボディには雲を描いた特別なカモフラージュをまとっている。

公開されたプロトタイプを見ると、Aピラー前部はクーペと同じデザインが見てとれるが、ルーフラインとリアデッキが異なっている様子がうかがえる。ただし、両モデルを直接比較するためのドロップトップの側面、または背面の角度画像は公開されていない。それでも上部のドーム型セクション、ボディワークの継ぎ目は、露出していたエンジンカバーがルーフ収納するスペースを優先したためになくなっていることを示唆している。

パワートレインは、3.0リッターV型6気筒ツインターボ「Nettuno」エンジンをクーペから流用。シリンダーごとに2つのスパークプラグと、F1由来のプレチャンパー燃焼システムを搭載、最高出力は621ps、最大トルク729Nmを発揮し、8速デュアルクラッチギアボックスが後輪に動力を送る。

クーペでは、0-100km/h加速2.9秒、最高速度323km/h(201マイル)の動力パフォーマンスを誇るが、コンバーチブルではメカニズムにより車重が増加するため、若干劣ると予想される。

マセラティ コンバーチブル市販型のワールドプレミアは2022年前半と予想されるが、同年内には電動バージョンの発表予定となっている。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top