ICEモデルも健在...MINI次世代型プロトタイプを初スクープ!EVモデルデザインを反映か | Spyder7(スパイダーセブン)

ICEモデルも健在...MINI次世代型プロトタイプを初スクープ!EVモデルデザインを反映か

自動車 新車スクープ
MINI ハッチバック 次世代型プロトタイプ(スクープ写真)
  • MINI ハッチバック 次世代型プロトタイプ(スクープ写真)
  • MINI ハッチバック 次世代型プロトタイプ(スクープ写真)
  • MINI ハッチバック 次世代型プロトタイプ(スクープ写真)
  • MINI ハッチバック 次世代型プロトタイプ(スクープ写真)
  • MINI ハッチバック 次世代型プロトタイプ(スクープ写真)
  • MINI ハッチバック 次世代型プロトタイプ(スクープ写真)
  • MINI ハッチバック 次世代型プロトタイプ(スクープ写真)
  • MINI ハッチバック 次世代型プロトタイプ(スクープ写真)

MINIが現在開発中の主力モデル『MINIハッチバック』の次世代型プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

現行型「F55/F56」世代は、2013年にデビュー。2018年に小規模改良を受けた後、2021年に大幅改良を執行。第4世代となる次世代型は、2023年に発売されることが公式発表されている。

捉えたプロトタイプは、一部カモフラージュが施されているものの、エンジン、ギアボックス、サスペンションなど内部をテストしているミュールボディの可能性が高く、唯一インジケーターが統合された新しい形状のサイドミラーが確認できる程度だ。

またフロントオーバーハングが若干短く見えるものの、グリルをはじめバンパー、ヘッドライトなどすべて新設計され、次世代型ではEVモデルのデザインを反映する可能性が高い。

内部では、中央に大型の円形タッチスクリーンディスプレイを配置。ドライバーの目の前の小さいディスプレイはそのまま残るが、シフトノブは円形ディスプレイのすぐ下に移動される。タッチスクリーンを介して制御されるため、ボタンはほとんど無くなる可能性が高い。

次世代型では、ICE(内燃機関)モデルがEVモデルと併売されることが確定しているが、ICEはUKLプラットフォームの進化系であるBMWグループの「FAAR」アーキテクチャを採用し、オックスフォード工場で生産される。同時にフルエレクトリックモデルは、BMWと長城汽車によって新開発されたEVプラットフォームを採用し中国で生産されることになる。

今後MINIは、2023年に10年ぶりとなる次世代型ハッチバックを発売、2025年には最後のICE搭載モデルを投入し、2030年にはすべてのモデルが電動化される予定となっている。

最後のエンジンMINIか…次世代型プロトタイプの姿を初スクープ

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top