[動画]爆音聞こえた...限定299台...アストンマーティン復活の『ヴァンテージV12 RS』、リアビューを初公開! | Spyder7(スパイダーセブン)

[動画]爆音聞こえた...限定299台...アストンマーティン復活の『ヴァンテージV12 RS』、リアビューを初公開!

自動車 新車スクープ
アストンマーティン ヴァンテージ V12 RS ティザーイメージ
  • アストンマーティン ヴァンテージ V12 RS ティザーイメージ
  • アストンマーティン ヴァンテージ V12 RS ティザーイメージ
  • アストンマーティン ヴァンテージ V12 RS 開発車両 スクープ写真
  • アストンマーティン ヴァンテージ V12 RS 開発車両 スクープ写真
  • アストンマーティン ヴァンテージ V12 RS 開発車両 スクープ写真
  • アストンマーティン ヴァンテージ V12 RS 開発車両 スクープ写真
  • アストンマーティン ヴァンテージ V12 RS 開発車両 スクープ写真
  • アストンマーティン ヴァンテージ V12 RS 開発車両 スクープ写真

アストンマーティンの2ドアスポーツ、『ヴァンテージ』に設定されるハードコアモデル『ヴァンテージV12 RS』の最新ティザーイメージが公開された。

同社では、より大型の「DB11」が電化を推進するブランドの一つとして、バッテリー電源に移行する予定だが、ガソリンエンジンが完全になくなる前に、最後のV型12気筒エンジンを搭載した限定モデルを名言している。それがこの「ヴァンテージV12 RS」(仮称)だ。

公式インスタグラムでは、堪能のV12エキゾーストサウンドとともに、「おやすみなさい」というキャプションが添えられている。またはじめて公開された後部には、際立つリアウィング、アグレッシブなディフューザーなどが確認できる。

ヴァンテージでは、2009年には初のV型12気筒エンジンを搭載モデル「V12ヴァンテージRS」が発売されたが、今回の限定モデルで「RS」の名称が復活すると噂されている。

注目のパワートレインは、5.2リットルV型12気筒エンジンをV12スピードスターから流用し専用チューニングを実行、最高出力は690ps、最大トルク753Nmを発揮すると予想される一方、最高出力が650ps程度に抑えられる可能性もあるという。スピードスターでは、わずか3.4秒で0-100km/hを駆け抜け、最高速度は319km/hを計測するが、おそらくV12ヴァンテージRSでも同レベルが期待できるだろう。

市販型ではフルカーボンボディを採用、大幅な軽量化を実現、限定299台の販売が予想されている。

V12 RSのワールドプレミアは2022年3月が有力だ。

公式インスタグラム

https://www.instagram.com/p/CXvTVMTL4uT/?utm_source=ig_web_copy_link

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top