地を這うノーズ...ランボルギーニV12の血統...新世代フラッグシップモデルを初スクープ! | Spyder7(スパイダーセブン)

地を這うノーズ...ランボルギーニV12の血統...新世代フラッグシップモデルを初スクープ!

自動車 新車スクープ
ランボルギーニ アヴェンタドール 後継モデル開発車両(スクープ写真)
  • ランボルギーニ アヴェンタドール 後継モデル開発車両(スクープ写真)
  • ランボルギーニ アヴェンタドール 後継モデル開発車両(スクープ写真)
  • ランボルギーニ アヴェンタドール 後継モデル開発車両(スクープ写真)
  • ランボルギーニ アヴェンタドール 後継モデル開発車両(スクープ写真)
  • ランボルギーニ アヴェンタドール 後継モデル開発車両(スクープ写真)
  • ランボルギーニ アヴェンタドール 後継モデル開発車両(スクープ写真)
  • ランボルギーニ アヴェンタドール 後継モデル開発車両(スクープ写真)
  • ランボルギーニ アヴェンタドール 後継モデル開発車両(スクープ写真)

ランボルギーニは2021年内に、フラッグシップモデル『アヴェンタドール』の生産を終了する。その後継モデルとなる新型車のプロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

アヴェンタドールは、『ムルシェラゴ』後継モデルとして2011年に発売。6.5リットルV型12気筒エンジンを搭載し、最高出力は700ps、最大トルク690Nmを発揮した。その後も様々なモデル追加や改良によりパフォーマンスを向上し続けた。

イタリア・サンターガタ・ボロネーゼ工場のエリア内で捉えたプロトタイプは、厳重なカモフラージュが施されているものの、ランボルギーニらしい地を這うほど低いロングノーズ、フロントウィンドウから繋がる綺麗なラインが見てとれる。

側面からはシザーズドア、コンパクトなサイドエアインテーク、ドアに取り付けられたサイドミラーが確認できる。また後部では、テールライトとほぼ同じ高さに六角形のデュアルエキゾーストパイプを配置、内部には一対の円形パイプが見える。これはトラックに焦点を当てた「アヴェンタドールLP770-4 SVJ」、限定生産の『シアン FKP37』、トラック専用『エッセンサ SCV12』よりも高い位置だ。

予想されるパワートレインは、ミッドマウントされたV型12気筒と電気モーターを組み合わせたプラグインハイブリッドで、『ミウラ』、『カウンタック』、『ディアブロ』、ムルシェラゴ、そしてアヴェンタドールと受け継がれた、ランボルギーニ6番目のV12搭載モデルとなる。

ランボルギーニCEOである、ステファン・ヴィンケルマン氏は、「テクノロジーは異なり、全く新しいエンジン、駆動、バッテリーを搭載。すべてが新しい新世代フラッグシップモデルになる」と語っている。

ランボルギーニは、2022年にSUV『ウルス』改良新型を投入する予定。2023年にアヴェンタドール後継モデル、2024年までにはPHEVのウラカン後継モデルを投入し、最新ラインアップの電動化が完了する。

ランボルギーニ V12モデルの血統、新世代フラッグシップを初スクープ!

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top