ノーズにLEDバー装着...アウディ新型電動SUV『Q6 e-tron』、600馬力「RS」設定の噂! | Spyder7(スパイダーセブン)

ノーズにLEDバー装着...アウディ新型電動SUV『Q6 e-tron』、600馬力「RS」設定の噂!

自動車 新車スクープ
アウディ Q6 e-tron プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q6 e-tron プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q6 e-tron プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q6 e-tron プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q6 e-tron プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q6 e-tron プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q6 e-tron プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q6 e-tron プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q6 e-tron プロトタイプ(スクープ写真)

アウディが現在開発中の新型EVクロスオーバーSUV、『Q6 e-tron』市販型の最新プロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

厳冬のスウェーデン北部で目撃したプロトタイプ車両は、ウィンタータイヤを装着していた。ヘッドライトやテールライトはダミーコンポーネントがはめ込まれているが、際立つショルダー、緩やかに傾斜した空力ルーフライン、ワイドなリアアーチなどが見てとれる。北ヨーロッパの冬の夜の視認性を高めるため、フロントグリルにLEDライトバーが装着されているが、これはウィンターテスト期間限定の装備だろう。

市販型ではポルシェと共同開発した「PPE」プラットフォームを採用するVWグループ最初のモデルの1つなり、次世代ポルシェ『マカン』と多くのコンポーネントを共有することになる。このアーキテクチャは、「MEB」では採用できない、350kWhの充電、エアサスペンション、後輪ステアリング、及びトルクベクタリングをサポートする。

全く新しいプラットフォームにもかかわらず、最終的にはより大型の『e-tron』と、コンパクトな『Q4 e-tron』からの流れを汲んだエクステリアデザインで登場するだろう。寸法的には『Q5』とほぼ同じサイズになるが、PPEが提供するスマートなパッケージングのおかげで、車内は1クラス上の『Q7』と同等レベルになると予想されている。

EVスペックは不明だが、シングルモーターとデュアルモーターバージョンを提供し、システム合計476psを発揮すると思われる。また最新情報によると、最高出力600ps、最大トルク830Nmを叩き出す最強モデル「Q6 e-tron RS」が設定される可能性もありそうだ。

Q6 e-tron市販型のワールドプレミアは2022年。ドイツのインゴルシュタットで生産される。

アウディの新型電動SUV『Q6 e-tron』、冬テスト仕様を目撃…600馬力「RS」設定も?

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top