メルセデスベンツAクラス セダンも大幅改良へ...新LED、グリル、テールライトに大接近! | Spyder7(スパイダーセブン)

メルセデスベンツAクラス セダンも大幅改良へ...新LED、グリル、テールライトに大接近!

自動車 新車スクープ
メルセデスベンツ Aクラスセダン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Aクラスセダン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Aクラスセダン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Aクラスセダン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Aクラスセダン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Aクラスセダン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Aクラスセダン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Aクラスセダン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Aクラスセダン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

メルセデスベンツは現在、エントリーモデルとなる『Aクラス』ファミリー改良新型に着手している。今回、スクープサイト「Spyder7」は、『Aクラスセダン』の市販型プロトタイプを初めて捉えることに成功した。

1997年、欧州BセグメントとしてデビューしたAクラスは、2012年の3代目からCセグメントへ移行。2018年に登場した4代目では「Aクラスセダン」を設定、これが初の大幅改良となる。

豪雪のフィンランドで捉えたプロトタイプは、先にキャッチしたハッチバック同様にボディ前後をカモフラージュ。ハッチバックとは異なるグリルが見てとれ、ロゴマークの内部には様々な運転支援システムのハードウェアが収められているはずだ。

ヘッドライトは同じ外形を保ちながら内部LEDデイタイムランニングライトのグラフィックスを刷新する。またエアインテークを含むバンパーやテールライトも新設計、大胆なデザイン変更が期待されている。

後部のディフューザーはハッチバックほどスポーティに見えないが、カモフラージュトリックの可能性もある。

キャビン内の画像はないが、目撃したカメラマンによるとダッシュボードにカバーが掛けられていたという。上級モデル同様に新しいディスプレイレイアウトを取得するのか、あるいは最新バージョンのMBUXインフォテインメントシステムを備えたより大型のタッチスクリーンを装備する可能性もでてきた。

パワートレインは、最高出力163psを発揮する1.3リットル直列4気筒ガソリンターボ、最高出力224psを発揮する2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジン、ディーゼルでは最高出力150psを発揮する2.0リットル直列4気筒、最高出力150ps、190psを発揮する2.0リットル直列4気筒エンジンなどがキャリーオーバーされる。

注目はルノー製1.3リットルエンジンから変更される、メルセデスと吉利による共同開発ユニットで、マイルドハイブリッド+1.5リットル直列4気筒エンジンの追加が噂されている。

Aクラス改良新型のワールドプレミアは、最速で2022年前半、遅くとも2022年内に行われるだろう。

メルセデスベンツ Aクラスセダン も初の大幅改良へ…新LED、グリル、テールライトに大接近!

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top