スーパーカーから心臓移植!マセラティ新型SUVグレカーレ「トロフェオ」、狙うはポルシェ マカンGTS | Spyder7(スパイダーセブン)

スーパーカーから心臓移植!マセラティ新型SUVグレカーレ「トロフェオ」、狙うはポルシェ マカンGTS

自動車 新車スクープ
マセラティ グレカーレ トロフェオ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • マセラティ グレカーレ トロフェオ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • マセラティ グレカーレ トロフェオ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • マセラティ グレカーレ トロフェオ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • マセラティ グレカーレ トロフェオ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • マセラティ グレカーレ トロフェオ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • マセラティ グレカーレ トロフェオ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • マセラティ グレカーレ トロフェオ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • マセラティ グレカーレ トロフェオ 市販型プロトタイプ スクープ写真

マセラティが、開発佳境に入っているとお思われる新型クロスオーバーSUV、『グレカーレ』に設定されるハイパフォーマンスモデル、『グレカーレ トロフェオ』市販型の最新プロトタイプをカメラが捉えた。

グレカーレは、2016年に発表した同社初となるクロスオーバーSUV、「レヴァンテ」の下に位置するコンパクトモデルで、ラインアップの拡大を狙う。

先日捉えた真っ赤なプロトタイプに続いて、スカンジナビアで捉えた最新プロトタイプのフロントエンドには、トライデントバッジがうっすらと見えるマセラティグリルが両サイドいっぱいまで露出している。側面からは、ボディ同色でカモフラージュされたY時スポークの大径ホイール、その奥にはクロスドリルを備えるブレーキディスク、赤いブレーキキャリパーが装着されており、ハードコアモデルであることが確認できる。

後部では、アグレッシブなディフューザー、スポーティなルーフスポイラー、2本のテールパイプがそれぞれ統合されたデュアルエキゾーストシステムがインストールされている。

市販型のパワートレインには現在2つの候補があると言われ、1つはアルファロメオ「ステルヴィオ クアドリフォリオ」に搭載されている2.9リットルV型6気筒ツインターボチャージャーエンジンで、最高出力510ps、最大トルク600Nmが予想される。もう一つは、同社の新型スーパーカー『MC20』の3.0リットルV型6気筒ツインターボエンジンの流用だが、最新情報ではこちらのエンジンが有力だと噂されている。MC20では、最高出力630psを発揮するが、グレカーレ トロフェオではデチューンされ、580psと予想、トランスミッションは8速オートマチックが標準装備されると思われる。

市販型では、アルファロメオのSUV「ステルヴィオ」と共有する「ジョルジオ」プラットフォームを採用するが、よりワイドなトラック、3チャンバーセットアップの調整可能なエアサスペンション、及び油圧サスペンションブッシュを備えるという。

グレカーレ市販型のワールドプレミアは、2021年11月に予定されていたが、半導体不足の影響から延期された。グレカーレでは、「画期的」な技術を備えており、高度な接続性やその他の機能はすべてこのチップ使用して動作するため、影響力が大きいと見られるが、2022年春には期待できるだろう。発売後、市場ではポルシェ「マカンGTS」が最大のライバルとなるはずだ。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top