ケーニグセグ新型ハイパーカーを予告!初の量産スーパーカー、CC8Sの再来か | Spyder7(スパイダーセブン)

ケーニグセグ新型ハイパーカーを予告!初の量産スーパーカー、CC8Sの再来か

自動車 新車スクープ
ケーニグセグ 新型ハイパーカー ティザーイメージ
  • ケーニグセグ 新型ハイパーカー ティザーイメージ
  • ケーニグセグ CC8S
  • ケーニグセグ CC8S

スーパーカーメーカーのケーニグセグは、新型ハイパーカーのティザーイメージを公式インスタグラムで初公開した。

リリースされた画像には、「2022年、これが我々の決意です。巧妙なエンジニアリングと最適な設計による究極のパフォーマンスをどうぞ!」とメッセージが添えられている。

暗闇に浮かぶボディからは、ディテールは不明だ。しかし、テールライトの角度のついたデザインは、自社開発のエンジンを使用した最初のケーニグセグである「2006CCX」のデザインに似ていることがわかる。またリアディフューザーはアゲーラ、フロントスプリッターは2004年の「CCR」を彷彿させるが、全体的にはティアドロップキャビン形状や、ラップアラウンドフロントガラスなど、同社初の量産スーパーカーである「CC8S」に敬意を表したシルエットと言っていいだろう。

CC8Sは、1997年にプロトタイプを初公開され、2002年に発売された。シャーシやボディにカーボンファイバーを採用、脱着可能なルーフやラプタードアなどを特徴としたモデルで、パワートレインにはフォード製4.8リットルV型8気筒スーパーチャージャーエンジンを搭載。また最高出力665ps、最高速度390km/h、0-100km/h加速3.5秒と当時としては圧倒的パフォーマンスを持っていた。

新型モデルのワールドプレミアは、今後数ヶ月以内とみられ、パワートレインは不明だが、ガソリン車なのか電動モデルなのかも注目される。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top