東京オートサロン2022...トヨタ『RAV4』山岳救助仕様を出展へ! | Spyder7(スパイダーセブン)

東京オートサロン2022...トヨタ『RAV4』山岳救助仕様を出展へ!

自動車 モーターショー
RAV4 “5D アドベンチャー 2022”
  • RAV4 “5D アドベンチャー 2022”
  • 車外の空間を最大限に活用する3D ACCESS
  • 5D コンセプトイメージ
  • 豊田自動織機 出展ブースイメージ
  • 救助に必要な機能を装備したキューブユニット
  • AR機能を備えたインターフェイス
  • 拡張型積載アイテム マキシマムベース

豊田自動織機は、1月14日から16日まで幕張メッセで開催される「東京オートサロン2022」に出展し、山岳救助に特化したコンセプトモデル『RAV4 “5D アドベンチャー 2022”』を展示する。

同社は2020年の東京オートサロンにて、過酷な環境下で使用されるプロフェッショナルな車両を参考にして製作したコンセプトモデル『RAV4 3D アクセス』を出展。バックドアラダーやルーフトップ、業台・飲食用テーブルとして使えるスライドボードなどを備えたアクティブさで来場者の注目を集めた。

翌2021年には山岳救助にポイントを絞り進化させた『RAV4 5D アドベンチャー』をオンライン出展。5Dとは、3D-アクセスに、プロの行動に重要とされる隊員同士の情報の共有「意思疎通」と、離れている現場と拠点で同じ災害状況を認識できる「空間リンク」の2ディメンションをプラスしたもの。山岳地帯の悪天候時走行に耐える外装や足回りに加え、LiDAR、カメラ、ランプ、スピーカーなどを脱着入替可能なキューブユニットを搭載。悪天候時の運転を補助するAR機能や、スマホと車がリンクし、他車(他者)の動きを読み取るインターフェイス、他のマシーンを操作できるコントロール機能を装備した。

今回出展するRAV4 “5D アドベンチャー 2022”では、内外装のアイテムを強化。機動性を重視し、取り出し易く収納力を高めたアウトサイドストレージを新たに追加したほか、救助装備を素早く取り出すことが可能な拡張型積載アイテム「マキシマムベース」を搭載。救助者を乗せたストレッチャーも積載可能にしたシートアレンジを採用する。

豊田自動織機はトヨタグループの一員として、長草工場でRAV4の生産を担当するとともに、企画・デザイン・設計などの開発にも参画している。RAV4に深い関わりのある同社は、RAV4 “5D アドベンチャー 2022”の出展を通して、新たな魅力を自動車ファンに提案する。

山岳救助仕様『RAV4』を出展へ:豊田自動織機…東京オートサロン2022

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top